« 次のイベントは総選挙だ! | トップページ | いざウズベクへ »

2008.08.20

ある人生

図書館で書棚を眺めていたら、ふとXさんのことを思い出した。
若いころ大変お世話になった人だ。

初めて失業して、退職の挨拶回りをしていたら、
「次が見つかるまで、うちに籍を置かないか」と言ってくれた。

何年か後に再会したとき、65歳過ぎてまだ仕事をしている。
「思いの外、仕事人間ですね」と軽口をたたいた。

「フリーが長かったから、厚生年金の期間が足りないんだよ」
顔は笑っていたが、心なしか寂しげに見えた。

人より何年か長く働いて、これからが余生というとき、
こだわった年金の恩恵もさして受けずに、ガンで亡くなった。

Xさんは若いころ、子連れの女性と再婚をした。
後年、その子どもが大きな文学賞を受賞した。

子どもの自慢話をするときの、
あの誇らしげな笑顔が忘れられない。

図書館の書棚には、その作家の著書が何冊も並んでいた。

|

« 次のイベントは総選挙だ! | トップページ | いざウズベクへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次のイベントは総選挙だ! | トップページ | いざウズベクへ »