« 続・そうめんはみな同じではない | トップページ | コンピューターには勝てない »

2008.08.24

西原本をゲット!

既存の古本屋とBOOK OFFの違いは、
希少価値に重きを置くか、本の状態に重きを置くかだ。

それは、BOOK OFFの「買い取り価格表」をみれば明らかだ。
本を 「特A、A、B、C、D」の5つのランクに分けて査定する。

特A---発行三ヶ月以内の新刊本
A---発行一年以内の本
B以下---発行一年以上の本
C---汚れ、紙焼け有り
D---売る価値の無い廃棄処分対象となる本 

例えば、 Cは買い取り額が一律10円。文庫本特Aが50円、
新書特Aが70円、単行本特Aが150円、という具合だ。

希少価値に重きを置かないから、
相原コージの「コージ苑」 が100円で売っていたりする。

それでは掘り出し物の宝庫かというと
必ずしもそうはならない。

まず客層が書籍愛好家ではないし、たとえ希少本でも
古くて汚ければ廃棄処分になってしまうからだ。

私はBOOK OFFに入ると、まずは
漫画100円コーナーの「サ行」の棚に目を凝らす。

西原理恵子の本を探しているからだ。
先日、「ちくろ幼稚園」(正・続・サイゴ)3冊を計300円でゲットした。

こういうのは本当のファンとは言えなのかもしれないが、
今は、西原のマンガ本1冊に1000円を支払う元気がない。

|

« 続・そうめんはみな同じではない | トップページ | コンピューターには勝てない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・そうめんはみな同じではない | トップページ | コンピューターには勝てない »