« 月刊「現代」の休刊 | トップページ | 麻生首相でも過半数割れ? »

2008.09.01

ケルシーを食す

先日、新宿の「土風炉」で友人の誕生会を開いた。
メニューに「トウモロコシの刺身」があったので迷わず頼んだ。

過去にも何度か食べたことがあり、おいしいのは分かっていた。
他のメンバーは初めてだったらしく、感激していた。

普通のトウモロコシより色が白いけれど、
生でも、甘くてジューシーです。

行きつけの八百屋にもあるかもしれないと、のぞいてみたら、
ありました、北海道産の白いトウモロコシが・・・

さっそく生でかじってみると、甘いです。ジューシーです。
さすがに、まるごと一本はきついので三分の一ほど食べた。

八百屋の店頭には「ケルシー」という果物も並んでいる。
よく分からないが初めてなので買った。

隣で悩んでいたらしいご夫婦も、
私が自信ありげに手に取ったので、つられて買った。

帰宅して調べてみると、スモモの一種ですね。
大きさはスモモの倍ぐらい。緑色で先端がとがっている。

別名トガリスモモ、巴旦杏(はたんきょう)とも呼ばれる。
栽培が難しく、入荷も少ないという。ラッキー!

スモモほど酸味は無く、
甘くて、食感もぷりぷりしていておいしいです。

珍しいものを見ると食べたくなるというのは、
やはり年のせいかな・・・いや、好奇心が強いんだな。

|

« 月刊「現代」の休刊 | トップページ | 麻生首相でも過半数割れ? »

コメント

そうですね。
お互い、よく言えば好奇心が強いということでしょう。

投稿: 健 | 2008.09.01 23:40

8/31、デパートの果物売り場で緑色のプラムのようなものを発見。初めて見るもので思わず買ってしまい、カミさんも反対はなし。ノリとしては夫婦は一心同体。
酸味は強くなく、小生は高得点を出したが、カミさんは「この顔色なら酸っぱくないといけない」とのことで得点低し。
それにしても珍しい果物に飛びついたのも奇遇だなァ。

投稿: 正 | 2008.09.01 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月刊「現代」の休刊 | トップページ | 麻生首相でも過半数割れ? »