« 佐々木譲「笑う警官」ハルキ文庫 | トップページ | ウズベク旅行写真交換会 »

2008.10.30

伊坂幸太郎「グラスホッパー」角川文庫

実を言うと、「笑う警官」の前に、
伊坂幸太郎「グラスホッパー」を読んでいる。

以前から、伊坂幸太郎の評価は聞いていたけれど、
恥ずかしながら、読むのは今回が初めて。

自殺屋・鯨、ナイフ使い・蝉、押し屋・槿、
3人の殺し屋と一般人「鈴木」の生き様が交錯する。

一見、荒唐無稽に見えるけれど、
実際にあっても不思議ではない光景が描かれている。

政治家がらみ、やくざがらみ、
現実にこういう殺し屋が実在してもおかしくはない。

作品の中で興味を覚えたのが「劇団」というグループ。
今回は主流ではないけれど、膨らませたら面白いと思った。

|

« 佐々木譲「笑う警官」ハルキ文庫 | トップページ | ウズベク旅行写真交換会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐々木譲「笑う警官」ハルキ文庫 | トップページ | ウズベク旅行写真交換会 »