« 金の切れ目が縁の切れ目? | トップページ | 続・飲んで、飲んで、飲み疲れて・・・ »

2008.11.18

ア然、ボウ然

月曜日、テレビをつけながら部屋の片づけをしていたら、
画面から、なんだか意味不明のせりふが聞こえてきた。

「その男はあなたの顔を見てバクゼン(漠然)としていたのね」
ちゃうちゃう、バクゼンではなくボウゼン(呆然・茫然)でしょ!

ドラマの撮影現場はNGが出れば、
take2、take3と何度でも撮り直すと聞く。

このシーンが通ったということは、現場のキャストも
スタッフもミスに気がつかなかったということだ。

ちなみに、このドラマは「検事・朝日奈耀子」の再放送。
せりふを言ったのは検事役の真野あずさ。

公共放送なんだから、しっかりして欲しいところだけれど・・・
まあ、総理大臣があの体たらくだからね。

というわけで、この日は水野賢司さんのコンサートのあと、
友人3人と市ヶ谷で飲んだ。

|

« 金の切れ目が縁の切れ目? | トップページ | 続・飲んで、飲んで、飲み疲れて・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金の切れ目が縁の切れ目? | トップページ | 続・飲んで、飲んで、飲み疲れて・・・ »