« 宮部みゆき「孤宿の人」上・下 | トップページ | 知名度と実力は比例しない! »

2008.11.30

たまには新刊を!

いつもいつも図書館やブックオフというのも貧乏くさい。
久しぶりに近所の書店をのぞいた。

ふっと吸い寄せられたのが、
佐野眞一「甘粕正彦 乱心の廣野」(新潮社)。

書評「ブック・ナビ」で(雄)氏が書評している本だ。
甘粕の生涯って興味あるよね。

だけど分厚い!また不眠症になりそう・・・

※廣野の「廣」は実際には日へんに廣。

|

« 宮部みゆき「孤宿の人」上・下 | トップページ | 知名度と実力は比例しない! »

コメント

AGさんコメントありがとうございます。
また、ちょくちょくきてくださいね。

実は、昨夜は佐々木譲「ユニット」を読んでいて、
この「甘粕・・・」はまだ読んでいないんですcoldsweats01

投稿: 健 | 2008.12.02 15:17

私も半年前に。あの闇のような時代。ブラックボックスの封印がひとつ解き明かされる…。という感じですね。前半の大杉栄の部分が読みたくて買いました。

投稿: 大王烏賊 | 2008.12.02 07:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮部みゆき「孤宿の人」上・下 | トップページ | 知名度と実力は比例しない! »