« 「面白半分」な夜 | トップページ | 第11回「しゃれこうべ俳句会」 »

2008.12.07

沼正三の死

沼正三が死んだ。
う~ん、そうか死んだか。

ぼくらの高校時代には早熟な連中がいて、
授業中に「奇譚クラブ」なんかが回覧されることがあった。

「家畜人ヤプー」 はそこで連載されていたし、
同時期、団鬼六の「花と蛇」も連載されていたね。

ぼくは、どちらかというと、
「花と蛇」をドキドキしながら読んでいた記憶がある。

ただ、三島由紀夫や寺山修二なんかは
「家畜人ヤプー」 を評価していたような気もする。

まあ、いろんなことがあったけれど、
「家畜人ヤプー」の作者・沼正三が死んだ。 合掌

|

« 「面白半分」な夜 | トップページ | 第11回「しゃれこうべ俳句会」 »

コメント

http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50749678.html

あたりを読むと、沼正三=天野哲夫で確定みたいですね。

投稿: 健 | 2008.12.08 14:05

「奇譚クラブ」か。
高校のとき読んでたな。
早熟だったというより、屈折していたというべきか。
亡くなったということは、沼正三というのは結局、誰だったのか定説が出たのですね。いろいろな説が取りざたされていたようだが。

投稿: 正 | 2008.12.08 13:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「面白半分」な夜 | トップページ | 第11回「しゃれこうべ俳句会」 »