« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.31

家政婦は見た

もちろん私は家政婦ではない。
だけど、ある光景を目撃してしまった。

深夜12時過ぎの千代田線大手町駅ホーム。
私は最終電車を待って並んでいた。

後方でなにやらざわざわしている。
サラリーマン2人がもつれるように歩いてきた。

1人が泥酔した同僚をベンチに座らせて、
置き去りにして、ふっといなくなった。

終電が着たので乗った。
泥酔した男はベンチからころげ落ちて吐いた。

最終電車のドアは閉まった。
どうすることも出来ない。

周囲の人々はなんのアクションも起こさない。
彼は倒れたままだ。

彼はどうなったのだろうか・・・

| | コメント (3)

2009.01.29

書評「ブック・ナビ」1月号を更新

節分の豆が好きだ。
歳の数どころか、平気で一袋食べてしまう。

今年も少し速いけれど早速購入した。
豆をポリポリ、まっこりをチビチビやりながら書評を更新。

今回は(正)氏の「国民的俳句百選」長谷川 櫂と、
(雄)氏の「カムイ伝講義」田中優子。

両方とも面白いので読んでね。(左上、ブログ目次からリンク)
両氏から「お前も書け」と言われているけど才能無いみたい。

| | コメント (2)

2009.01.27

年金生活者への道

ずっと無気力状態が続いていて、
いろんな手続きを先送りにしてきた。

まあ、最後に勤めた編集プロダクションがずさんで、
なかなか必要書類が揃わなかったこともあるんだけど・・・

昨年7月から受給資格がある年金もそのひとつだ。
先日ようやく、巣鴨の社会保険センターで年金申請をしてきた。

とうとう年金生活者の仲間入りである。
もちろん、年金だけじゃ生活できないんだけどね。

でも、僕らの世代は貰えるだけ幸せなのかもしれない。

| | コメント (1)

2009.01.24

地下鉄巡礼団

「明日の朝日新聞朝刊を見てね!」
昨夜、高校時代の友人 I 君から電話があった。

どうやら彼が主宰している
地下鉄巡礼団のことが記事に載るらしい。

今朝、新聞を開いてみると結構大きな扱いだ。
東京版「団塊はいま」という特集で、ほぼ半ページを占める。

ここでは仮に I 君としているが
記事には実名が出ているのでなんのこっちゃだが・・・

彼は、ちょっと前にも小学校時代の映画発見という内容で
朝日新聞に取り上げられていた。御用達か?

地下鉄巡礼団については説明が面倒なので
ここでは触れない。ブログを読んでね!

| | コメント (1)

2009.01.22

アメリカの夢、日本の夢

オバマ大統領の就任式をライブで見た。
それほどの感動はなかった。

アメリカのおかれている状況はかなり厳しい。
Yes,we can. だけではやっていけないことは確かだ。

オバマには夢があり、麻生には夢がない。
そう思った日本人も少なくないだろう。

だけど逆の見方もできる。オバマには実績がないし、
アメリカはオバマで失敗したら後がない。

それでも、オバマの任期はあと4年間続く。
麻生は年内に確実に退陣する。

麻生がいなくなれば事態は多少なりとも好転する。
日本もまだまだ捨てたものではないのである。

アメリカの夢、日本の夢。
確率的に見れば、日本に分があるのかもしれない。

| | コメント (5)

解放感という快楽

この15日に61歳の誕生日を迎えた。
1月15日といえば、昔は成人の日だった。

ハッピーマンデーのおかげで今はただの平日。
だからどうしたと言われれば、それまでだけど・・・

今年は免許証の更新の年だ。
昨日、神田の免許更新センターに出向いた。

更新には、30分間の講習を受けなければならない。
久々に、その拘束感を楽しんだ。

もちろん拘束自体が楽しいのではなく、
終わったあとの解放感が楽しいのだ。

こういう感覚は久しぶりだ。自由というのは、一方で
解放感という喜びを犠牲にしているのかもしれない。

ここ半年ばかり、
アフター5の本来の楽しみを味わっていない。

| | コメント (0)

2009.01.20

鍋のはしご

春は曙、冬は鍋、とは言うものの、
どうしてもマンネリになるのは避けられない。

本日付、朝日新聞の生活欄に、
二つの鍋が紹介されていた。

ひとつはブリ大根鍋、ひとつはギョーザ鍋。
おいしそうなので、さっそくトライした。

本日は寒いこともあって、昼はギョーザ鍋、
夜はブリ大根鍋。鍋のはしごである。

ブリ大根鍋は、煮物のブリ大根とは一味違い、
さっぱりとして美味。

豆板醤を効かせたピリ辛だれで食すのがポイント。
このピリ辛だれは他の鍋にも応用できそう。

| | コメント (0)

2009.01.18

イカをさばく

イカを丸ごと一杯買うのは勇気?がいる。
ワタを抜いたり皮をむいたり手がかかるからだ。

とりあえず「イカ さばき方」で検索してみる。
グーグルトップで出てきたページが分かりやすい。

ワタはそのまま冷凍する。
これはルイべで食べると日本酒にあいます。

本日はイカの丸焼き。うまかった。
ワタのルイべは後日、ニンニク醤油で・・・

| | コメント (2)

2009.01.15

ノートパソコン復活?

ここ数日、微熱があり頭も重い。風邪か?
ふだん健康なだけに、ちょっと弱気になる。

だけど14日は市ヶ谷で雑学倶楽部の新年会。
バファリン飲んで出かける。

ところで年末ダウンしていたMacのノートパソコン。
今年は年賀状は断念だなと思っていたら・・・

先日駄目もとで試したら立ち上がりました。
mac-bootって打ち込まないと駄目なんだけどね。

だけど今度はプリンターが言うことをきかない。
悪戦苦闘して、なんとか年賀状完成。

お年玉くじの発表は25日だから、
ぎりぎりセーフってか・・・

| | コメント (0)

2009.01.13

沖縄尽くし

なんだか無性に島らっきょが食べたくなった。
散歩がてら沖縄物産店「わした日暮里店」まで足を延ばす。

店内に入ると目移りがしていろいろ欲しくなる。
島らっきょ、海ブドウ、豆腐よう、沖縄そば、島七味を買う。

沖縄産じゃないけど、ついでにランチョンミートSPAMも購入。
レジ横でかめ詰め泡盛古酒の量り売りを発見。買った。

この日の夕食は沖縄尽くし。
島らっきょ、おいしいです。

| | コメント (1)

2009.01.12

下町の光景

浅草演芸ホール。お目当ての近藤志げるが登場した。
出てくるなり最前列のお客に声をかける。

僕たちの席は2階の最前列だ。
話しの内容までは聞こえない。

相手は少年だ。どうやら、
「坊や、また来てるのかい」と言っているらしい。

少年は大きくうなずく。近藤はやおらポケットから
チケットの束を取り出し、一枚を少年に手渡した。

「これあげるよ」
少年はうれしそうに、ぺこりと頭を下げた。

芸人と寄席好きの少年との交流。
下町の寄席らしい、いい光景だなと思った。

| | コメント (0)

2009.01.11

浅草演芸ホール

10日、雑学倶楽部のメンバーで浅草演芸ホールへ。
寄席にいくのって何年ぶりだろう。

う~ん、寄席もなかなかいいもんです。
少なくともテレビのお笑い番組よりも面白い。

入場料3000円は高いか安いか・・・
朝九時から夜九時まで入れ替え無しだからお得かも。

千駄木から浅草は距離的には近いが、
交通の便が悪いのが玉にキズ。

団子坂交差点のところにミニバス「東西めぐりん」のバス停が。
路線図を確認すると「浅草」通ります。

つくばエクスプレス浅草駅前で降りると、
浅草演芸ホールはすぐそこです。

乗車賃100円はリーズナブル。

| | コメント (0)

高校卒業45周年に向けて

9日金曜日は高校同期の新宿Gの新年会。
13人が集まった。

一昨年の「還暦学年会」の提唱者Fくんから、
「高校卒業45周年の会」開催の提案が・・・

より多くの人に集まってもらうためには、
50周年はなかなか厳しいんじゃないかという。

私も同感です。時期としては来年5月ぐらいか。
そうなると今年の夏ぐらいから準備が必要だ。

| | コメント (0)

2009.01.09

映画「カムイ外伝」その後

昨年のいまごろ、映画「カムイ外伝」について書いた。
一年経った今、どうなっているのか?

当時分かっていたのは、主演の松山ケンイチと、
監督/崔洋一、脚本/宮藤官九郎という情報だけであった。

オフィシャルサイトをのぞいて見ても、
情報は相変わらず少ない。

昨年より進展したのは、ヒロインのスガルが、
体調不良で降板した菊地凛子に代わり小雪に決まったこと。

う~ん、小雪のスガル、結構いいかも。
そこで、他のキャストを検索したのでご紹介する。

 カムイ…松山ケンイチ(少年時代…森田直幸)
 スガル…小雪
 不動…伊藤英明
 水谷軍兵衛…佐藤浩市
 半兵衛…小林薫
 サヤカ…大後寿々花
 大頭…鄭伊健(イーキン・チェン)

9月公開予定。ちょっと観たい。

| | コメント (0)

2009.01.07

篠田節子「仮想儀礼 上・下」新潮社

本日で休肝3日目。体調はいいです。
ウーロン茶で夕飯もなかなかいいものです。

今年は飲み会を少し減らそうかなと・・・
酒ばかり飲んでいると、家の中がついついおろそかになる。

人恋しいので、ついつい出かけちゃうんだけど、
それはそれで、違うことで解決すればいいわけだし。

新年早々ブックオフというのも情けないので、
新刊書を購入することにした。

目に付いたのが篠田節子「仮想儀礼 上・下」。
新興宗教をテーマにした長篇ミステリーだ。

各巻450ページ前後の分厚い単行本。
以前なら厚さだけで敬遠してたかもしれないが・・・

今は、たっぷりと時間があるからね。

| | コメント (0)

2009.01.06

ただ今、休肝中

年末年始の暴飲がたたって、ちょっと疲れが出てきた。
そのため5日は予定変更して急遽休肝日に。

やはりお酒を楽しく飲むためには、
いつまでも健康じゃないとね。

本日の夕食はアンコウ鍋だったけど、
ウーロン茶でガマン、ガマン・・・

2日飲まないとずいぶん体が軽くなるよね。
というわけで、明日も休肝日続行。

| | コメント (0)

2009.01.04

続・銘酒「神亀」発見

昨3日は雑学仲間 I さん宅で新年会。
ふだん一人なので、どうしてもしゃべりすぎてしまう。

おまけに持参した「おこげまっこり」を
ほとんど一人で飲んでしまうし・・・

本日は、これから将棋仲間のMさん宅で新年会。
先日の酒屋をのぞいてみたら「神亀」3本残ってました。

ホントは神保町の新年会に持参してもいいんだけど、年末に、
Kさんが当日「神亀」4合びん持参すると宣言していたからなあ。

私が一升びん持ち込んだら、Kさんの立場無いもんね。
ということで入籍祝いを兼ねて本日Mさん宅に持参することに。

明日は明日で何か考えよう・・・

| | コメント (0)

2009.01.02

銘酒「神亀」発見

大晦日、近くに住む姉から「おせち」を分けてもらう。
帰り道、酒屋の店頭に「冬季限定『神亀』入荷」の張り紙。

元日、兄の家に年始に行くので「お年賀」に持参しよう。
並びの肉屋でお雑煮用鶏肉と和牛味噌漬けを購入。

今度は魚屋の前で足止め。立派な毛蟹が1,800円也。
大晦日のメインはこれだな。カニミソもたっぷり。

イクラも買ったので、八百屋によって大根を購入。
1,3,4日と新年会なのに、こんなに食べる暇あるかな・・・

というわけで、正月から
春菊のサラダばかり食べていたわけではありません。

| | コメント (0)

2009.01.01

春菊のサラダ

新年早々のブログが「春菊のサラダ」はしょぼくないか?
そんな感想をお持ちの諸兄、諸嬢もおられると思います。

私もそう思います。
だけど、これ安くて、簡単で、おいしいんです。

春菊を水洗いし、茎は捨て葉だけを皿に盛る。
あとはしょう油大さじ1、ごま油大さじ1をかけるだけ。

簡単です。
まあ、独り暮らしのお年寄り向きといっても過言ではありません。

本年もよろしく!

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »