« 書評「ブック・ナビ」1月号を更新 | トップページ | 「カクヤス」は必ずしも格安ではない »

2009.01.31

家政婦は見た

もちろん私は家政婦ではない。
だけど、ある光景を目撃してしまった。

深夜12時過ぎの千代田線大手町駅ホーム。
私は最終電車を待って並んでいた。

後方でなにやらざわざわしている。
サラリーマン2人がもつれるように歩いてきた。

1人が泥酔した同僚をベンチに座らせて、
置き去りにして、ふっといなくなった。

終電が着たので乗った。
泥酔した男はベンチからころげ落ちて吐いた。

最終電車のドアは閉まった。
どうすることも出来ない。

周囲の人々はなんのアクションも起こさない。
彼は倒れたままだ。

彼はどうなったのだろうか・・・

|

« 書評「ブック・ナビ」1月号を更新 | トップページ | 「カクヤス」は必ずしも格安ではない »

コメント

この記事は事実を見たまま書いただけですね。
あえて反応を求めてはいません。
この記事に反応した方は、
その方の性格や考え方が出ているのでしょう。

投稿: 健 | 2009.02.04 00:16

後始末をさせられる駅員が一番気の毒。
そういう奴は路上にほって置けばよい、と言うのが私のスタンスですので、ニャゴニャゴさんも十分ご留意くださいbomb

投稿: FLOG | 2009.02.03 15:44

ベンチまで連れてきただけで、
その同僚、十分でしょ。

投稿: 音治郎 | 2009.01.31 16:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 書評「ブック・ナビ」1月号を更新 | トップページ | 「カクヤス」は必ずしも格安ではない »