« 解放感という快楽 | トップページ | 地下鉄巡礼団 »

2009.01.22

アメリカの夢、日本の夢

オバマ大統領の就任式をライブで見た。
それほどの感動はなかった。

アメリカのおかれている状況はかなり厳しい。
Yes,we can. だけではやっていけないことは確かだ。

オバマには夢があり、麻生には夢がない。
そう思った日本人も少なくないだろう。

だけど逆の見方もできる。オバマには実績がないし、
アメリカはオバマで失敗したら後がない。

それでも、オバマの任期はあと4年間続く。
麻生は年内に確実に退陣する。

麻生がいなくなれば事態は多少なりとも好転する。
日本もまだまだ捨てたものではないのである。

アメリカの夢、日本の夢。
確率的に見れば、日本に分があるのかもしれない。

|

« 解放感という快楽 | トップページ | 地下鉄巡礼団 »

コメント

昨年の忘年会のときに『新年会は僕の自宅で!来てネshine』と何度もおっしゃった『僕』さんはどうしているのでしょうーか・・・・? 待っているのですが(笑)

投稿: Y嬢 | 2009.01.29 23:26

Y嬢さん貴重な情報をありがとう。
新年会もやりましょうね!

投稿: 健 | 2009.01.27 22:07

友達(ご年配の方)に教えてもらった文なんですが、じ~んと感動したので兄達に教えてあげなきゃ!と。
原文ではたった88文字です。
たった88文字である一人の男性を表現してます。
shineshineshine

もし君がときに
落胆することがあったら、
この男のことを考えてごらん。
小学校を
中退した。
田舎の雑貨屋を営んだ。
破産した。
借金を返すのに
15年かかった。
妻をめとった。
不幸な結婚だった。
上院に立候補。
2回落選。
下院に立候補。
2回落選。
歴史に残る
演説を
ぶった。
が聴衆は無関心。
新聞には
毎日たたかれ
国の半分からは
嫌われた。
こんな有様にもかかわらず、
想像してほしい
世界中のいたるところの
どんなに多くの人々が
この不器用な、
ぶさいくな、
むっつり者に
啓発された
ことかを
その男は自分の名前を
いとも簡単にサインしていた。
A.リンカーン、と。
shineshineshine

「ユナイテッド・テクノロジー社」の全頁広告には全米から13,707通の手紙が寄せられ、68,594枚のリプリントが発送されたといいます。この新聞広告にとくにビジュアルはなく、上記の文字レイアウトで、タイトルは
「This Will Make Feel Better」(これで君の気分は楽になるだろう)
とつけられていいます。

投稿: Y嬢 | 2009.01.25 19:46

アメリカはもともとがばらばらだから
一体感を求めたがる。
日本はもともとが一体だから
小さな違いを主張したがるんじゃないかな。

投稿: 健 | 2009.01.24 17:48

 アメリカって不思議な国だと思う。危機に直面すればするほど、国民の間に一体感が生まれてくる。翻って日本は、どんどんばらばらになっていく。自己責任という言葉が大嫌いだからかな。

投稿: 青うさ | 2009.01.23 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 解放感という快楽 | トップページ | 地下鉄巡礼団 »