« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009.02.26

250円以下の定食

前回「270円あればもっとましな食事が出来る」と書いた。
責任上(別にないけど)、実際に試してみた。

近くの総菜屋と99ショップで
下記の食材を買った。

・コロッケ2個 60円
・キャベツ半分 104円 一回分 26円
・料亭の味とうふ(みそ汁) 104円 一回分 26円
・サトウのごはん 104円

初期費用は372円かかるけれど、
一回分の費用は216円で立派なコロッケ定食の出来上がり。

ただし、電子レンジとか保存のための冷蔵庫とか、
最低限の住まい環境が必要になるけれど・・・

 

| | コメント (0)

これは夕食なのか・・・

故あって(まあ、たいした理由はないが)、先日の午後8時過ぎ、
巣鴨駅前の富士そばでカツ丼セットを食べていた。

後方で「かけそば、ねぎ多め」という声がする。
思わず振り返ると30前後の若者?だ。

う~む、午後8時過ぎというのは夜食には微妙だ。
となると、これは遅めの夕食なのか・・・

思わずメニューをみる。かけそばは270円だ。
自炊ならもっとちゃんとしたものが食べられる。

人間を風体で判断するのはよくないが、
くたびれたパンパンのリュックを背負っている。

漫画喫茶住まいの派遣か?
この日は、なにやら妄想の一日となった。


| | コメント (3)

篠田節子にはまる

篠田節子「聖域」を読んだあと、
ここ数日で彼女の短編集を一気読みした。

愛逢い月、秋の花火、天窓のある家、
静かな黄昏の国、レクイエム、死神。

おかげで最新刊の長篇「仮想儀礼」は
まだ30ページぐらいで中断したままです。

| | コメント (1)

2009.02.15

義理チョコも悪くない

定年後初めてのバレンタインデー。
まあ、あんまり期待はしていなかったですね。

現実には、ホントの義理をのぞくと4つもらいました。
現役のころも、数字的にはそんなものだったから・・・

ま、最後のひとつは娘からだったので
ちょっと感動した。

この25年で娘からチョコもらったのは初めてです。
ほかの、義理チョコの方もありがとう・・・

| | コメント (0)

2009.02.08

ひとり芋煮会

今日は寒かった。さて夕食は何にしようか・・・
先日作った絹かつぎの残りのサトイモがある。

ということで、本日は芋煮に決まった。
牛肉、豆腐、キノコ、ゴボウ、コンニャクなどを買いに出る。

今回は初めてなのでレシピどおりに作った。
いや、なかなかいい味に出来ました。あったまるし。

問題は独りだと食材が余っちゃうんですね。
特に、キノコ、ゴボウ、コンニャクなどが・・・

あ、そういえば今思い出したけれど
昨日2割引で買った毛がに食べるの忘れた。

明日は飲み会だし、こりゃ冷凍だな・・・

| | コメント (2)

必要なものは・・・

若い頃、太宰治の書簡集で気に入っていた一節があった。
先日、確認のため久々に本棚の奥から引っ張り出した。

亀井勝一郎編「愛と苦悩の手紙」(角川文庫)がそれだ。
奥付を見ると昭和41年12月9版とある。

40年以上も前の計算になる。
さすがに周辺の酸化が激しい。

探していたフレーズは意外に簡単に見つかった。
誰宛の手紙かを覚えていたので索引から引けたのだ。

太宰26歳の時、友人・今官一に宛てた手紙の一節だ。

「必要なものは、叡智でもなかった。思索でもなかった。学究でもなかった。ポーズでもなかった。愛情だ。蒼空よりも深い愛情だ」

まあ、いかにも若い頃好きになりそうな一節だよね。

| | コメント (0)

2009.02.06

「カクヤス」は必ずしも格安ではない

日暮里駅の山手線の外側には、
沖縄食材店や韓国食材店などがあって楽しい。

沖縄食材店ではお目当ての島らっきょが無かったので、
豆腐ようと沖縄そばを購入した。

韓国食材店ではチャンジャとおこげまっこりと、
ニンニクの甘酢漬けを買った。

ニンニクの甘酢漬けは食べて初めて分かったので、
買ったときにはどんな味か想像もつかなかった。

なかなかの珍味です。
ニンニクと甘酢があれば自分でも簡単に作れそう。

韓国食材店で紙パックのまっこりを初めて見つけた。
これまではプラスチックのボトル入りしかなかったのだ。

紙パックのまっこりは近所の「カクヤス」で買っていた。
1リットル680円というお手頃価格だ。

同じものが韓国食材店では540円で売っている。
なあんだ、「カクヤス」安くないじゃん。

安売りが売りの「カクヤス」も、
目玉商品以外は、意外に安くないのかもしれない。

| | コメント (2)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »