« 義理チョコも悪くない | トップページ | これは夕食なのか・・・ »

2009.02.26

篠田節子にはまる

篠田節子「聖域」を読んだあと、
ここ数日で彼女の短編集を一気読みした。

愛逢い月、秋の花火、天窓のある家、
静かな黄昏の国、レクイエム、死神。

おかげで最新刊の長篇「仮想儀礼」は
まだ30ページぐらいで中断したままです。

|

« 義理チョコも悪くない | トップページ | これは夕食なのか・・・ »

コメント

篠田節子さんの小説、好きです。「女たちのジハード」で直木賞を取りましたが、あれはたまたま時代の風潮にはまったからだと思います。5年程前、吉祥寺のロンロンで見かけました。きれいな方でした。

投稿: 青うさ | 2009.02.26 22:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 義理チョコも悪くない | トップページ | これは夕食なのか・・・ »