« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009.03.31

通販解禁!

我が家にはソファがない。
現役のころは帰って寝るだけだから、それでも良かった。

今は自宅で本を読んだりDVDを観たりすることが多い。
木のいすは疲れるので、ついつい床座りになる。

う~む、ソファが欲しい。
かといって、それほど大きなものを置くスペースがない。

先日、TVショッピングで、
座椅子スタイルのマンボウソファを紹介していた。

価格も14,800円と手ごろだ。
う~む、これだな。早速申し込んだ。

これまで通販は利用したことがなかったが、
とうとう手を染めてしまった。

商品は、明日午前中に届く。
引きこもりにならないように気をつけないと・・・

| | コメント (4)

2009.03.30

鼻水が止まらない・・・

金曜の深夜あたりから
くしゃみと鼻水が止まらない。

ここ数年、花粉症の症状が軽かったので油断していた。
突然発症もあるわけだから、突然再発だってあるのだろう。

土曜日の飲み会をキャンセルしようと思ったが、行った。
よせばいいのに、調子に乗って朝方まで飲んでしまった。

これでは治るものも治るまい。
日曜日はガマンしていたが、今日はさすがに薬を買った。

ご丁寧に、おまけにマスクまでついている。
何十年ぶりかでマスクなるものを着用した。

うわさには聞いていたけれど、
最近のマスクは、なかなか快適です。

| | コメント (0)

2009.03.27

レッドオレンジの恐怖

近くの青果店でレッドオレンジというのを売っている。
表皮が中途半端な赤さであまりうまそうではない。

一個100円なので、
試しに一個買った。

皮をむいて一房にすると、
赤というよりなんだかピータンみたいな色で不気味だ。

ま、味は普通のオレンジと変わらないけど・・・

| | コメント (0)

麩の文化

先日の新ジャガがまだ残っている。
今日の夕食は肉ジャガに決めた。

スーパーで牛肉、玉ネギ、シラタキを買った。
レジで並んでいると、ふと「麩」という文字が目に入った。

う~む、「麩」か・・・しばらく食べていないな。買った。
子供の頃は、すき焼きや鍋物の定番だった。

「麩」は鍋物のエキスをすべて吸い尽くす。
ある意味、アフターのおじやと役割が似ている。

だけど、おじやはあくまでもアフターであり、
「麩」は現役である。えらい(何が?)。

韓国や中国では揚げ麩というのがあるらしいけど、
生麩というのは日本独特かな(分からないけど)・・・


| | コメント (0)

本の値段について

「沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史」という本がある。
書評ブログでも雄氏が書評を書いている。

2008年9月31日の発行だから、
まだ半年弱しか経っていない。

この本の正価は1995円だが、
ブックオフでは1000円の値札がついている。

棚には「単行本よりどり2冊1000円」という張り紙がある。
つまり1000円の本を2冊買っても1000円ということになる。

一冊あたりの価格は実質500円だ。
この本は今でも書店の棚に正価で並んでいるだろう。

これでは、出版社も、書店も、著者もたまらんだろうね。
物の値段は、必ずしも安ければいいというものではない。


| | コメント (0)

2009.03.20

そりゃないぜ!

急に春めいてきたので、昨日の午前中ユニクロで
カラージーンズ2本とジャケット2着を買った。

今朝の朝刊を見るとユニクロの全面広告が・・・
本日より期間限定でカラージーンズ1000円値引きとある。

3,990円が2,990円に。そりゃないぜ、ユニクロさん!
あと1000円出せば、もう一本買えたじゃん。

別に損したわけじゃないけど、
なんとなく納得がいかない。

しかも、これをはいても、
紀香ほど足が長く見えるわけではない(当たり前だけど)。

| | コメント (0)

2009.03.15

黄金色の新ジャガ

行きつけの青果店はぎわらで新ジャガを買った。
今夜の主食はジャガバタである。

新ジャガは皮のまま茹でる。
茹で上がったものを半分に切る。

中身は、な、なんと黄金色である。
まるでサツマイモのようだ。

こんなジャガイモは初めてだ。
どうやら、これは黄金男爵「北あかり」という品種らしい。

明日は残りで肉ジャガだ・・・

| | コメント (0)

2009.03.13

ホワイトデーは悩ましい

現役の頃なら、会社でもらった義理チョコは
会社でお返しが出来た。

めったに会わない人からもらった義理チョコはどうする?
わざわざ連絡をして呼び出すほどでもないだろうし・・・

セブンイレブンで売っているマキシムのスイーツを送っても
喜ばれないだろうし・・・

明日はホワイトデー。悩ましい。

| | コメント (0)

独り暮らしの原点

戸籍謄本を取りに、江戸川区役所のある新小岩に、
久しぶりに降り立った。

30歳のとき、ここに2DK1250万円のマンションを購入し、
独り暮らしを始めた思い出の地だ。

34歳で結婚し、2、3年後、津田沼に引っ越すまで
6、7年は住んだだろうか・・・懐かしい。

娘もここで生まれた。共稼ぎだったので、
交代で娘を保育ママに預けに行ったことを思い出す。

自分の出生地欄をみると、
東京都江戸川区とある。

北区田端で30年過ごしたと思っていたら、
生まれは江戸川区だったのだ。縁があるじゃん。

除籍欄に元妻の名前が載っているのが微妙。
そろそろ本籍を文京区に移すかな・・・

| | コメント (0)

2009.03.10

ダルダル病 ここに極まれり

以前からその気がなかったわけではないが、
最近はかなりダルダル病が重症になってきた。

例えば、書評ブログの更新など、
小一時間あれば済んでしまうのに先送りしてしまう。

そんなわけで、原稿が届いてから10日目にして
本日、ようやく書評ブログを更新した。

今回は(正)氏の「廃墟建築士」三崎亜記と、
(雄)氏の「楽園の歳月 宮迫千鶴遺稿集」宮迫千鶴。

そろそろ社会復帰しなくちゃ、かな・・・

| | コメント (0)

2009.03.05

田中角栄と小沢一郎とアメリカ

小沢一郎は田中角栄の一番弟子だ。
田中はロッキード事件で退陣した。

田中が実現した日中国交回復が、
アメリカ軽視とみなされ不興を買ったという説がある。

日本はアメリカの属国であるから、
総理大臣はアメリカに楯突いてはならない。

小沢一郎の政治姿勢は、
田中譲りの中国重視、アメリカ軽視である。

最近のヒラリー会談や、
米軍発言にもその姿勢が表れている。

小沢は次期総理の可能性が高い。アメリカが
いち早くその芽を摘んだと見るのは考えすぎか・・・

| | コメント (3)

2009.03.04

定額給付金は迂回献金か?

定額給付金が再可決された。
この法案の提唱者は公明党だ。

自民党内にも反対意見は少なくない。
だけど選挙でお世話になるので反対できないという。

公明党の支持母体は創価学会である。
会員数はおよそ800万人と言われる。

12000円を単純に800万倍すると960億円(※)になる。
こども・老人分を考えれば1000億円を超えるかもしれない。

もし学会が会員に全額上納せよと指令を出したらどうなる?
一宗教団体に税金から約1000億円が流れる計算になる。

いま迂回献金の違法性が問題になっている。
給付金は自民党から公明党への迂回献金ではないか?

あくまで推測だけど・・・

※訂正
当初96億円としていましたが960億円の誤りでした。
お詫びして訂正します。
額が大きすぎて、計算機の窓が一つ足りなかった・・・

| | コメント (2)

2009.03.03

年寄りばかり集まってどうする

団子坂下の交差点で信号待ちをしていたら、
「老人大学」という旗を先頭に20数人の団体が歩いてきた。

う~ん、「老人大学」というネーミングはいかがなものか。
こういう旗の下にはせ参じる人の気持ちが理解できない。

私は以前「シニア・ナビ」というサイトを立ち上げたが、
ホントはシニアとか中高年とか老人という言葉は好きではない。

いまさら「青春とは・・・心の持ちかたを言う」(※)とは言わない。
だけど、進んで自らを老人と規定しようとは思わない。

私が参加する雑学倶楽部の平均年齢は60歳超だが、
これはあくまで平均であって30代、40代、50代の会員もいる。

年寄りばかり集まってどうする?
たしかに気楽かもしれないが、そこに未来はない。


※サムエル・ウルマン「青春」より

青春とは人生のある期間ではなく、
心の持ちかたを言う。(略)

ときには、二〇歳の青年よりも
六〇歳の人に青春がある。

年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うとき初めて老いる。(略)

| | コメント (0)

2009.03.02

アサリ大好き

父は9歳の時死んだ。
だから、それほど思い出は多くない。

母が盲腸で入院したとき、
父からアサリ3杯分を買ってくるように言われた。

その日の夕食の味噌汁は、
お椀からあふれるほどのアサリが入っていた。

父はきっとアサリが大好きだったのだろう。
私も大好きです。

鍋物にアサリは欠かせません。
アサリ大好きのDNAは確かに受け継がれている。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »