« 定額給付金は迂回献金か? | トップページ | ダルダル病 ここに極まれり »

2009.03.05

田中角栄と小沢一郎とアメリカ

小沢一郎は田中角栄の一番弟子だ。
田中はロッキード事件で退陣した。

田中が実現した日中国交回復が、
アメリカ軽視とみなされ不興を買ったという説がある。

日本はアメリカの属国であるから、
総理大臣はアメリカに楯突いてはならない。

小沢一郎の政治姿勢は、
田中譲りの中国重視、アメリカ軽視である。

最近のヒラリー会談や、
米軍発言にもその姿勢が表れている。

小沢は次期総理の可能性が高い。アメリカが
いち早くその芽を摘んだと見るのは考えすぎか・・・

|

« 定額給付金は迂回献金か? | トップページ | ダルダル病 ここに極まれり »

コメント

小沢つぶしはやはり亜米利加の謀略か。160人の中国訪問が決定打間違いなし。

投稿: 国民ちゃん | 2010.01.14 00:14

まあ、小沢が代表だけでなく議員辞職してくれるのが一番いいんだけど、
辞めないだろうね。
もともと麻生vs小沢という構図自体が不毛なわけで、
総選挙までに両方代わってくれるのがベスト。

投稿: 健 | 2009.03.05 09:13

 「腐ったタヌキ」には何も任せられません。
理念なき政治家の求めたものはお金。その終焉も、やはりお金故ですか。
中国重視というけど、中国関連の利権を漁りたかっただけじゃない?

投稿: 青うさ | 2009.03.05 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定額給付金は迂回献金か? | トップページ | ダルダル病 ここに極まれり »