« めぐり合わせの妙 | トップページ | 書評「ブック・ナビ」を更新 »

2009.09.28

外食する人々

僕らの世代が外食するといえば、家庭ではなく
レストランとか食堂(古いな・・・)で食事をすることだ。

ところが今は、文字通り外で食事をする。
ここ3日間で、そんな光景を3度目撃した。

土曜日の昼時、ローソン脇のコンクリートの上で、
若いカップルが弁当を食べていた。

日曜日の午後6時過ぎ、新宿3丁目を歩いていた。
なぜかというと浅川マキのライブを聴くためだ。

ここでもローソン前の植え込みに座り込んで、
中年男が夕飯らしきものを食べていた。

よく観察してみると、その夕食は
白ご飯にカップ味噌汁をぶっ掛けたものだった。う~む。

月曜日の午後3時、駐車場の片隅で、
外国人のカップルがカップヌードルをすすっていた。

昨日と比べれば、これなど微笑ましい光景だ。
昨今、外国人旅行者といえども裕福ではない。

谷中には外国人専門の安旅館がある。
出てきた家族連れ4人は迷わず「松屋」に吸い込まれた。

ま、これなど正しい「外食」なんだけどね。

|

« めぐり合わせの妙 | トップページ | 書評「ブック・ナビ」を更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« めぐり合わせの妙 | トップページ | 書評「ブック・ナビ」を更新 »