« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009.10.27

富士見坂から富士を見る

「台風一過、今日は富士山がよく見えます」
朝イチにつけたラジオから、そんな声が聞こえてくる。

ナニ? 富士山が見える?
近所に富士見坂があるけど、富士が見えたことがない。

都内には富士見坂が18カ所もあるけれど、
実際に富士が見えるのは2、3カ所しかないらしい。

近所の富士見坂は、その2、3カ所に入っている。
それでも私は見たことがない。

もしかしたら今日は見えるかもしれない。
朝飯も食べずに富士見坂に向かった。暇だね・・・

見えました。思ったより大きく見える。
ちょっと左のマンションが邪魔だな。

| | コメント (0)

2009.10.26

我々の寿命

マンションのエレベーター乗り場の脇に
管理組合の掲示板がある。

掲示板には町内会の死亡通知が掲示される。
ほとんどが88歳とか95歳とか高齢者が多い。

年齢的には我々の親の世代と言える。ところが、
先日、60歳と62歳が立て続けに掲示された。

ドンピシャ我々の世代である。もしかしたら
我々は親の世代ほど長生きできないのかもしれない。

これからの人生は、あんまり長期戦略を立てるより、
太く短く作戦の方が賢いのかも。

そんでもって、長生きしちゃったら、
その時はその時じゃないか・・・

| | コメント (0)

2009.10.23

もしかすると・・・

我が家のベランダから隅田川の花火が見える。
二カ所ある打ち上げ場所のうち桜橋会場の方だ。

最近、花火が見えるあたりに、
巨大なクレーン2機が姿を現した。

我が家から桜橋の延長線上には押上駅がある。
押上駅と言えば、最近噂のアレでしょう。

そう最近、高さを634mに修正した
東京スカイツリーなのであります。

まだ100メートルほどしかできていないので、
ビルの陰になって本体は見えない。

しかし、日々その姿が現れてくるのは
時間の問題でありましょう。

完成の暁には、我が家のベランダの正面に
世界一と言われる巨大タワーがそびえ立つ。

| | コメント (0)

2009.10.22

Mac Book Proを購入

10年以上使っていたMacのノートブックが
とうとう使い物にならなくなった。

なんとか100円パソコンで頑張ってきたけれど、
それも限界。インターネットだけだからね・・・

そんでもって本日買いましたよ、Mac Book Proを。
13インチだけど、まあお手頃かな。

16万8千円が2万円値下がりしていて、
14万8千円に。ちょっと得した気分。

| | コメント (0)

2009.10.15

星新一の予言

「このごろのテレビ番組の、つまらないこと。企画が貧困。出演者は変りばえがしないし、ドラマもマンネリだ。少しは知恵をしぼったら、どうなんだ」

この種の意見を最近よく耳にする。
ただし、この文章は45年以上も前の意見だから驚く。

星新一「ボンボンと悪夢」の中の
「宇宙のネロ」というショートショートの冒頭の文章だ。

「ボンボンと悪夢」は1962年(昭和37年)の作品だから、
正確には47年前ということになる。

日本でテレビ放送が開始されたのは1953年(同28年)。
10年も経たずにテレビのマンネリ化が始まっているわけだ。

最近の書店には「2011年 新聞・テレビ消滅」や、
「テレビは見てはいけない」など、ネガティブなタイトルが並ぶ。

思い起こせばテレビは、アメリカのテレビ映画を流していた
草創期のころが一番面白かった・・・

そんな思いを抱く方には、瀬戸川宗太の
「懐かしのアメリカTV映画史」(集英社新書)がおすすめだ。

ちなみに、星新一の「宇宙のネロ」は、
下記のような文章で締めくくられている。

「人びとはもはや、そのスイッチを入れようとしないばかりか、画面から目をそむける生活に入ったのだから」

| | コメント (2)

2009.10.09

団塊の政権?

鳩山内閣が誕生したとき、鳩山由紀夫62歳を見て、
「なあんだ、団塊の世代じゃん」と思った。

だけど、そういう捉え方をした記事は見当たらなかった。
現場の書き手たちは圧倒的に若いからね。

10月8日付朝日朝刊のコラム「風考計」に
「団塊の政権 使命を果たせ」という記事が載った。

書き出しは、こうだ。

「団塊の世代がついに政権についた。歴史的政権交代が実現した日にそんな感慨を覚えたのは、私もこの世代だからだろうか」

その通り。自分が団塊の世代じゃなきゃ、
誰もそんな感慨を覚えるわけないんだよね・・・

鳩山由紀夫首相 1947年2月生まれ
平野博文官房長官 1949年3月生まれ
千葉景子法相 1948年5月生まれ
赤松広隆農水相 1948年5月生まれ

確かに団塊の世代が4人もいる。
だからどうしたと言われればそれまでだけど・・・

ただ、これから頑張る人たちと、
すでに引退してしまった人たちの落差が大きいことだけは確かだ。

| | コメント (2)

書評「ブック・ナビ」を更新

書評「ブック・ナビ」を更新しました。

(雄)氏の小熊英二「1968(上・下)」と、
(正)氏の五味文彦、鳥海靖「もういちど読む山川日本史」の2冊です。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »