« 書評「ブック・ナビ」を更新 | トップページ | 星新一の予言 »

2009.10.09

団塊の政権?

鳩山内閣が誕生したとき、鳩山由紀夫62歳を見て、
「なあんだ、団塊の世代じゃん」と思った。

だけど、そういう捉え方をした記事は見当たらなかった。
現場の書き手たちは圧倒的に若いからね。

10月8日付朝日朝刊のコラム「風考計」に
「団塊の政権 使命を果たせ」という記事が載った。

書き出しは、こうだ。

「団塊の世代がついに政権についた。歴史的政権交代が実現した日にそんな感慨を覚えたのは、私もこの世代だからだろうか」

その通り。自分が団塊の世代じゃなきゃ、
誰もそんな感慨を覚えるわけないんだよね・・・

鳩山由紀夫首相 1947年2月生まれ
平野博文官房長官 1949年3月生まれ
千葉景子法相 1948年5月生まれ
赤松広隆農水相 1948年5月生まれ

確かに団塊の世代が4人もいる。
だからどうしたと言われればそれまでだけど・・・

ただ、これから頑張る人たちと、
すでに引退してしまった人たちの落差が大きいことだけは確かだ。

|

« 書評「ブック・ナビ」を更新 | トップページ | 星新一の予言 »

コメント

別に民主党がベストってわけじゃないけど、
民主国家なんだから政権交代は必要ですよね。

自民首脳の顔も、麻生さんを筆頭に
結構不気味だったような気がするけど・・・

今は予算の組み換えばかりだけど、
憲法や安全保障がどうなるかでしょうね。

投稿: 健 | 2009.10.11 15:05

私も団塊の世代ですが、民主の首脳の顔ぶれと闇法案は顔と一致して不気味です。

今回、一回位は民主党にやらせたら・・という人も多かったように思うが、闇法案が通らないことを願うしかない。

投稿: 福島のつばき | 2009.10.11 14:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 書評「ブック・ナビ」を更新 | トップページ | 星新一の予言 »