« 煮こごりにこだわる | トップページ | 櫻井孝昌「世界カワイイ革命」PHP新書 »

2009.11.30

勉學(まなび)の務め擲(なげう)ちて 山高生の戦争体験

10月の早い時期に、
雑学倶楽部の大先輩から、一冊の本をいただいた。

官立山口高等学校の創立90周年の記念文集
「勉學の務め擲ちて 山高生の戦争体験」がそれだ。

もっと早くご紹介しなければならなかったのに、
ついつい先送りで今日まできてしまった。

「紹介しないよりはましかも・・・」と開き直って、
遅ればせながら、ここにご紹介する。

本書は官立山口高等学校の同窓会「東京鴻南会」が、
学校創立90周年の記念文集として出版したものだ。

同会は10年ごとの節目に記念文集を作ってきたが、
次回の100周年は年齢的に難しいかもという想いがある。

そんな想いもあって、今回のテーマに
迷わず戦争体験を選択したという。

文集は「学徒出陣・戦場」「銃後・学園」「原爆・空襲」
「学徒勤労動員」「学友追悼」など7部83編で構成。

あとがきには、

「以上を通じて、浮き彫りにされるのは、個人の運命が、抗うことのできない国家の権力のもと、その出生、あるいは進学の年次のわずかな差によって、決定的に変えられてしまったという事実である。このような時代は、2度とあってはならない、と声を大にして叫びたい」とある。

戦争のさなかに青春時代を過ごした若者たちから、
戦争を知らない世代へのメッセージと受け止めたい。

なお、本書は非売品として600部発行。国会図書館や
山口県内の大学、公立図書館などへの寄贈を進めている。

|

« 煮こごりにこだわる | トップページ | 櫻井孝昌「世界カワイイ革命」PHP新書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 煮こごりにこだわる | トップページ | 櫻井孝昌「世界カワイイ革命」PHP新書 »