« 管理組合の理事 | トップページ | Googleの日本語入力ソフト »

2009.12.13

月刊誌「国文学」の休刊

本日付朝日新聞朝刊の一面に、
「本の販売21年ぶり2兆円割れ」という記事が・・・

「雑誌離れ加速」という見出しのもとに、
今年休刊になった主な雑誌が紹介されている。

「諸君!」「マリ・クレール」などとともに
「国文学」(学燈社)の名も並んでいる。

調べてみると、「国文学」は
今年6月11日発売の7月号を最後に休刊になった。

若い頃、「国文学」の特集が好きで結構買った。
今でも書棚に7、8冊が残っている。

「戦後詩への視角」「中原中也と立原道造」や
「近代文学作中人物事典」などの特集。

ほかに「古典文学レトリック事典」や「埴谷雄高」、
別冊の「コピーの宇宙」など・・・

今、読み直したら、結構面白いかもしれないな。

|

« 管理組合の理事 | トップページ | Googleの日本語入力ソフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 管理組合の理事 | トップページ | Googleの日本語入力ソフト »