« 真露 チャミスルの謎 | トップページ | ベランダからの風景−6 »

2010.01.24

M医院 異聞

「新型インフルエンザの予防注射を受けないかね?」
地下鉄巡礼団団長の I 君から電話が入った。

「いきつけのM医院でワクチンが余っているらしい」
「???」

どうやらある程度消化しないと、
次回から供給を減らされてしまうらしい。

M医院のM君とは共通の友人だが、
今回はさすがにお断りした。

わたしはここ十数年風邪をひいたことがないし、
こと薬品にかかわることで安易に妥協はしたくない。

しかし、相変わらずお役所仕事やのう・・・
M君も現場で苦労しているに違いない。

*ニュースを読んだら、事情はもっと深刻らしい。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20100123/dms1001231326002-n2.htm
【輸入ワクチンは大瓶のため、24時間以内に少なくとも大人10回分を使い切らなければならない。横浜市内の呼吸器科開業医は「国産ワクチンも大瓶を入荷したが、1日10人も接種希望者は来ないので無駄が出て困っている。別の診察で来たメタボっぽい人に勧めて打っているほど」と、ダブつき気味の現状を明かす】

|

« 真露 チャミスルの謎 | トップページ | ベランダからの風景−6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真露 チャミスルの謎 | トップページ | ベランダからの風景−6 »