« 映画「Mr.&Mrs.スミス」と星新一「ひとつのタブー」 | トップページ | 真露 チャミスルの謎 »

2010.01.20

娘へのみやげ

娘へのみやげをボールペンでお茶を濁そうとしたら、
友人たちに諌められた。「もう子供じゃないんだから」

それなりのものを購入して、帰国翌日手渡したら
思いのほか喜んでくれた。Y君、M君ありがとう。

お茶を飲みながら話題が携帯に及んだ。
最近はソーラー充電池というのがあるらしい。

旅行の時などには便利なアイテムだ。
近くのヨドバシカメラで買おうということになった。

道中、昨日誕生日だった話をしたら、
「誕生日祝いに私が買ってあげるよ」と言う。

娘が何か買ってくれるなんて、
父の日以外は初めてのことかもしれない。

おみやげがボールペンだったら、
こういう展開にはならなかったかもしれないな・・・

*いずれ旅行記を書くのではないかと
期待している向きもあるかもしれないが書きません。

旅行記については、同行したY君のブログを見てね!
私もN君として出てきます。
http://editorsnote.cocolog-nifty.com/

文中、
「環状線で、ひとまわり乗っても2000ウォン(160円)」
とあるのは、4000ウォン(320円)の間違いでは?

記憶では、半周で2000ウォンだったような気がする。

|

« 映画「Mr.&Mrs.スミス」と星新一「ひとつのタブー」 | トップページ | 真露 チャミスルの謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「Mr.&Mrs.スミス」と星新一「ひとつのタブー」 | トップページ | 真露 チャミスルの謎 »