« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010.02.26

乃南アサ「いつか陽のあたる場所で」新潮文庫

久しぶりにブックオフに立ち寄ったら、
恒例の文庫本2冊で500円セールをやっていた。

いつも、これにつられちゃうんだよね。
値札300円が実質250円になるわけだから。うまい。

乃南アサ「いつか陽のあたる場所で」と「嗤う闇」、
藤沢周平「闇の傀儡師」上・下の4冊を買った。

乃南アサはこれまで読んだことのない作家だが、
友人たちが面白いと言っていたので試しに・・・

「いつか陽のあたる-」は、刑務所で知り合った2人の女の
出所後の友情物語(だけじゃないけど)である。

実際にはありそうもない話だけれど、
設定としてはユニークで面白い。

舞台が私の住む谷根千というのも興味深い。
魚屋のモデルはどこ、パン屋はここ、という具合に。

実際に、よみせ通りを歩いていると、
主人公の二人の女性とすれ違いそうな気持ちになる。

しかし「陽のあたる-」は2月に発行されたばかり。
2週間足らずでブックオフに並んでしまうとは・・・

本屋は売れないし、著者に印税だって入らない。
出版不況の泥沼はこれからもつづく・・

| | コメント (0)

2010.02.21

民放なんかいらない

NHK教育テレビの本日のテレビ番組。

8:00 日曜美術館(再)「没後50年北大路蜀山人」
9:00 N響アワー「広上淳一のプロコフィエフ」
10:00 ETV特集・選「須賀敦子イタリア追想」
11:00 知る楽・選「怖い絵で人間を読む③」 

なかなか充実したプログラムでしょう。
この間、民放はゴミみたいな番組を垂れ流している。

5局束になっても、教育テレビ1局に勝てない。
つくづく民放なんていらないんじゃないかと思う。

こんな民放に有力なスポンサーが付くわけがない。
目立つのはパチンコと、消費者金融と弁護士事務所。

パチンコですってサラ金に駆け込み、
多重債務を弁護士に依頼する。

なんだか三題噺みたいな状況になっている。

| | コメント (0)

2010.02.20

矢野誠一「落語手帖」講談社

昨年、雑学倶楽部の11月例会で古典落語を聴いた。
入船亭扇辰師匠の「井戸の茶碗」だった。

45分という大作だったけれど、
飽きるどころか、むしろ感動した。

以後、ちょっと落語にはまって、
図書館で志ん生や志ん朝のCDを借りて聴いている。

そんでもって、勢いで
「落語手帖」なるものを購入してしまった。

単なるあらすじ紹介や解説だけでなく、
演者の感想なども載っていてなかなか面白い。

半身浴などで浴室に持ち込んだりしているけど、
その分、ハングルがおろそかになっている。

イゴ ジュセヨ(これ下さい)。
最近覚えたのはこれぐらいだ。哀しい。  

| | コメント (1)

2010.02.19

「ZAKURO」移転しました

日本で唯一のウズベキスタン料理店「ZAKURO」。
日暮里駅の夕焼けだんだん手前左側のビル2Fにあった。

いつごろからか表のビデオも取り払われ、
2Fの灯りも点いていない。つぶれたのか?

移転したんですね。しかもごく近くに。
夕焼けだんだんを下りて右側のビル1階にありました。

ガラス窓越しに中が見えて、ますます怪しげです。
でも繁盛しているようなので、よかった。

また、みんなで行きましょうね。
3月の初台倫理委員会どうでしょう?

| | コメント (0)

2010.02.18

友人の母の死に寄せて

先週の金曜、経堂のとある店に
9人の男たちが集まった。

もともと第二金曜日に集まる例会だけれど、
その日は友人である店主を慰めるために集まったのだ。

先月、友人の母が亡くなった。85歳だった。
学生時代よく泊まりに行ってお世話になった想いがある。

友人は帰宅して、いつも通りそのまま寝てしまった。
翌朝、浴室で倒れている母親を発見した。

友人は自責の念にかられて数日間泣き暮らした。
寝る前に、一声かけていたら助かったかもしれない。

8年前、私にも同じような経験がある。
9時過ぎに帰宅して母親の死を発見した。

もう少し早く帰宅していれば間に合ったかもしれない。
そんな自責の念から、いまも逃れることができない。

その日、数十年ぶりに、その友人の家に泊まった。

| | コメント (0)

2010.02.17

すっぽんエキス幻亀参

笑座「こんぱる」の帰りに寄ったのは
福家書店だけではない。

銀座8丁目から新橋方面に帰る途中、
香川・愛媛せとうち旬彩館にも立ち寄った。

おつまみ太刀魚、鱧天、生炊きのりをかごに入れて、
ふと棚を見ると「すっぽんエキス幻亀参」が手招きしている。

1年のうち9割以上は健康なだけに、
ほんのちょっとの体調不良でも不安になる。

以前には養命酒に頼ったこともあるぐらいだ。
養命酒よりも効くかも。買った。

そっち方面(どっちだ?)の効果はともかく、
とにかく健康オタクとしては滋養強壮ですね。

う〜ん、なんだか元気になったような気がする。

| | コメント (0)

2010.02.16

「かんたん、ヘルシー・韓国おつまみ」大空ポケット新書

雑学倶楽部のパーティーでは抽選会があり、
毎年景品集めに頭を痛めている。

今回は、銀座の笑座「こんぱる」のペア招待券を追加。
日曜日に招待券を受け取りに行った。

せっかく銀座まで来たので近くの福家書店をのぞいたら、
料理本の棚で上記の「韓国おつまみ」を発見。

1月のソウル旅行以来、ハングルにハマっているが、
今度は料理関係にも進出だ。

韓国料理といえば焼肉ばかりが注目されるけれど、
現地では野菜中心のヘルシー料理も少なくない。

一人暮らしでは野菜の無駄が発生しがちだけれど、
この本を参考にお手軽の一品を追加しよう・・・

ついでに「10円おつまみ」(祥伝社)も買った。
ちょっと貧乏臭いけど、読んでるだけで面白い。

| | コメント (0)

チョコレートスパークリングその後

昨年のバレンタインデーは娘との月1デートが重なり、
チョコレートをもらえたけど・・・

今年は国家試験とかいろいろあって、
1週間ずれたので無理だな。

14日午前中、件のスーパーをのぞいたけど、飲み物の棚に
チョコレートスパークリングは跡形もなかった。

「バレンタインシーズンにぴったりの」飲み物のはずが、
当日置いてなくてどうする。

最近スーパーもシビアだから、
売れないものを置いておく余裕はないのだろう。

| | コメント (0)

書評「ブック・ナビ」を更新

書評「ブック・ナビ」を更新しました。

(雄)氏の岡谷公二「原始の神社をもとめて」と、
(正)氏の猪瀬直樹「ジミーの誕生日」の2冊です。

今回は原稿を10日前にいただきながら、
更新が大幅に遅れ書評子のみなさんにご迷惑をかけました。

言い訳になりますが、毎年2月は年末年始の暴飲暴食で
体調を崩してしまいます。

今年も1日〜14日の2週間のうち、
6日間を完全休肝日にして自粛気味の日々を送りました。

本日は雑学倶楽部の「日本雑学大賞表彰記念の宴」があり、
抽選会の進行係を担当します。

先日、行きつけの30周年パーティーの司会をやったばかりで、
このところ司会づいているな・・・

今回の日本雑学大賞は漫画家のやくみつるさん。
雑学出版賞は明治書院「こども論語塾シリーズ」と
パルコ出版「ソクラテスの弁明 関西弁訳」です。

「ソクラテスの弁明 関西弁訳」は面白そう、
ぜひ会場で買って帰ろうと思います。

| | コメント (0)

2010.02.08

チョコレートスパークリングの怪

スーパーでチョコレートスパークリングというのを見つけた。
なにやら怪しげな飲み物だ。

マイナーな企業ではなく、サントリーの商品だ。
特売日で98円なので買ってみた。

飲んでいるときは甘めのサイダーなんだけど、
舌に残る後味が、たしかにチョコレート味だ。

原材料を見てみると、果糖ぶどう糖液糖、
香料、酸味料、カフェインとある。

しかも、ご丁寧に下のほうに
「※チョコレートは使用しておりません」と書いてある。

サントリーHPには「バレンタインシーズンにぴったりの、
チョコレート風味の炭酸飲料が新発売」とある。

う〜ん、どうみてもゲテモノだけどね。
正価の147円/500mlだったら買わないな。

| | コメント (0)

高 信太郎「超簡単まんがハングル」光文社知恵の森文庫

先月、友人ふたりとソウルに行った。
ふたりともハングルに詳しい。

ひとりはしゃべれるし、ひとりは読める。
チンプンカンプンなのは私だけだ。

悔しかったので、帰国後すぐにこの本を買った。
「超簡単」「まんが」というのが気に入ったからだ。

一週間ほどでなんとか単語の音読ができるようになった。
単なる記号だったハングルが少し身近になった。

読めるようになると
今度は聴けるようになりたい。

会話というのは聞き取りが大事だ。
質問できても答えが分からなければ意味がないからだ。

そこで、CD付きの
「ゼロからスタート韓国語」Jリサーチ出版を買った。

ついでに、辞書がわりに
「使える韓国語単語6500」ペレ出版も買った。

ここまで投資すると、あとにはひけない。
いま、パソコンでCDを聴きながらブログを書いている。

| | コメント (0)

2010.02.05

歯科医師国家試験

普通の人にはあまり関係がないかもしれないが、
6日、7日の両日に歯科医師国家試験が施行される。

私の場合、娘がこの3月に某歯科大を卒業するので、
当然、国家試験を受験することになる。

まあ、某歯科大有資格者の合格率は、
8割以上と聞いているので心配はしていないけど・・・

| | コメント (2)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »