« 歯科医師国家試験 | トップページ | チョコレートスパークリングの怪 »

2010.02.08

高 信太郎「超簡単まんがハングル」光文社知恵の森文庫

先月、友人ふたりとソウルに行った。
ふたりともハングルに詳しい。

ひとりはしゃべれるし、ひとりは読める。
チンプンカンプンなのは私だけだ。

悔しかったので、帰国後すぐにこの本を買った。
「超簡単」「まんが」というのが気に入ったからだ。

一週間ほどでなんとか単語の音読ができるようになった。
単なる記号だったハングルが少し身近になった。

読めるようになると
今度は聴けるようになりたい。

会話というのは聞き取りが大事だ。
質問できても答えが分からなければ意味がないからだ。

そこで、CD付きの
「ゼロからスタート韓国語」Jリサーチ出版を買った。

ついでに、辞書がわりに
「使える韓国語単語6500」ペレ出版も買った。

ここまで投資すると、あとにはひけない。
いま、パソコンでCDを聴きながらブログを書いている。

|

« 歯科医師国家試験 | トップページ | チョコレートスパークリングの怪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歯科医師国家試験 | トップページ | チョコレートスパークリングの怪 »