« 矢野誠一「落語手帖」講談社 | トップページ | 乃南アサ「いつか陽のあたる場所で」新潮文庫 »

2010.02.21

民放なんかいらない

NHK教育テレビの本日のテレビ番組。

8:00 日曜美術館(再)「没後50年北大路蜀山人」
9:00 N響アワー「広上淳一のプロコフィエフ」
10:00 ETV特集・選「須賀敦子イタリア追想」
11:00 知る楽・選「怖い絵で人間を読む③」 

なかなか充実したプログラムでしょう。
この間、民放はゴミみたいな番組を垂れ流している。

5局束になっても、教育テレビ1局に勝てない。
つくづく民放なんていらないんじゃないかと思う。

こんな民放に有力なスポンサーが付くわけがない。
目立つのはパチンコと、消費者金融と弁護士事務所。

パチンコですってサラ金に駆け込み、
多重債務を弁護士に依頼する。

なんだか三題噺みたいな状況になっている。

|

« 矢野誠一「落語手帖」講談社 | トップページ | 乃南アサ「いつか陽のあたる場所で」新潮文庫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 矢野誠一「落語手帖」講談社 | トップページ | 乃南アサ「いつか陽のあたる場所で」新潮文庫 »