« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010.03.29

ベランダからの風景−8

2010329

朝から隅田川上空方面が騒がしい。
午前10時前からヘリが3機飛び回っている。

そうかそうか、あれだな。
本日、新タワーが旧タワーの高さを超えるのだ。

しばらく眺めていると、クレーンの1基が
なにやら箱型の物体を吊り上げて行く。

通常1日あたり1メートルしか伸びないのだけれど、
この物体は10メートルほどあるらしい。

つまり週末328メートルだったツリーは
今日一日で338メートルとなり、一気に旧タワーを抜く。

左クレーンの下にわずかな突起が見える。
この部分で東京タワーの333メートルを抜いたのだ。

肉眼ではよく見えるんだけど、
写真に撮るとピンぼけになってしまう。残念。

それにしても歯が痛い。やはり、連日の歩きで
疲れているのか? 奥の歯茎が腫れている。

| | コメント (0)

2010.03.28

いや〜、歩いた、歩いた

団長の東京マラソン挑戦で中断していた地下鉄巡礼団。
26日の再開第一弾は神田周辺の神社を2時間かけて探索。

翌27日は江戸の坂道を歩く会。
品川、三田周辺を約4時間かけて歩く。

冬はウオーキングをさぼっていたので、
2日連続の長時間ウオークは結構こたえた。

26日は神保町、27日は三田→新宿3丁目で飲み、
今日は市川で飲むことに。たぶん・・・

| | コメント (0)

2010.03.23

簡単麺つゆづくり

昼にうどんを作ろうとしたら麺つゆが切れていた。
いつもなら徒歩1分のスーパーに買いに走るのだが・・・

試しにネットで検索してみたら簡単です。
材料はしょうゆとみりんと昆布とかつを節だけ。

とりあえず1.2リットル作ってペットに保存した。
なあんだ買う必要なんかないんだ。

考えてみれば、単なるだし汁だもんなあ。
次回はいりこで作ってみよう。

http://cookpad.com/recipe/277316

| | コメント (0)

2010.03.22

カクテキづくりに挑戦

テレビでは料理関連の番組を結構見る。
午前中、カクテキの簡単な作り方をやっていた。

ようし挑戦してみよう。たしか大根があったはずだ。
だけど肝心の粉唐辛子やアミの塩辛はない。

散歩がてら日暮里の韓国食材店に行った。
ついでに韓国のりやツルニンジンマッコリを買う。

スーパーでリンゴと万能ネギを買って材料は揃った。
大根を2センチ角に切って、塩を振って30分おく。

あとは用意した材料をまぜるだけ。簡単だ。
すぐに食べても大丈夫だが、少し寝かせておく。

2時間ほどたったので、つまみ食いしたらかなりうまい。
難点は残ったアミの塩辛をどうするか・・・

500グラム単位で売るなと言いたい。
仕方が無いので白菜のキムチもつくってみよう。

| | コメント (0)

2010.03.19

坦々麺をつくる

妙に、坦々麺が食べたくなった。
神保町に「猿之亟」という風変わりな名前の店がある。

ここの坦々麺は比較的おいしかったような気がする。
かといって、わざわざ電車に乗って食べに行く程でもない。

それでは自分で作るしかない。
これまで、ひき肉と言う素材を使ったことがない。

なんだか作るのに手間が掛かりそうな気がしたからだ。
だけど作るしかない。なにしろ坦々麺だからね。

幸い手元に豆板醤やコチジャンが揃っていたので、
意外に簡単にできた。スープも自家製で完了。

うん、なかなかいけるね。

| | コメント (0)

2010.03.18

成り行き任せ

マンションの理事になったことは以前書いた。
7人中、男性が2人だけなのでいきなり副理事長だ。

管理組合の理事は3度目だが、以前のマンションに比べ
活動はあまり活発ではないようだ。

親睦会もないし、会議が終わるとみな三々五々帰っていく。
理事の名簿はもらったが、とくに自己紹介もない。

「都合のいい時に、一度付き合っていただけませんか?」
ある日、管理人のMさんから声をかけられて、飲んだ。

話してみると、同学年であることが分かった。
盛り上がって、2人で紹興酒を2本空けた。

Mさんも、ここにきて2年足らずで、
溶け込みにくい雰囲気に悩んでいたようだ。 

その後、3時の休憩時間に何度かお茶を飲むようになった。
個々の案件で相談相手が欲しいように見えた。

「Nさん、管理人をやってみる気はありませんか?」
何度目かの茶飲み話の中で、Mさんが言った。

たしかに、いつまでも遊んでいられる身分ではない。
ただ、選択肢の中に管理人はなかった。

「意外に気楽な稼業ですよ」とMさんは言う。
そうか管理人もいいかしんないな、と思ったりする。

来年の今頃は、もしかしたら管理人をやっているかも。
成り行き次第だけど・・・

| | コメント (0)

2010.03.15

本は読んでも読まれるな!

一人の作家を読み続ける癖がある。
一昨日、乃南アサ「風の墓碑銘」上・下を読み終わった。

「嗤う闇」「いつか陽のあたる場所で」
「悪魔の羽根」ときて「風の墓碑銘」は4作目だ。

図書館やブックオフ頼みなので、どうしても
時系列ではなく順番はランダムになる。

「風の-」は女刑事・音道と滝沢のコンビが絶妙だ。
スカーペッタとマリーノのコンビを彷彿とさせる。

上巻を読み終わって、すぐに下巻にとりかかって、
気がつけば朝の5時を過ぎていたりする。

その日は昼過ぎに起きて、一日があっという間に終わる。
本は読んでも読まれるな、と反省する。

佐々木譲、篠田節子ときて、いっときはまった
恩田陸は遥か遠い存在になってしまった。

気分転換に、藤沢周平「闇の傀儡師」上・下
を読み始めたら、また読まれてしまった。

昼夜逆転の日々が続いている。

| | コメント (0)

ベランダからの風景−7

2010313

前回が1月26日だから、ずいぶん久しぶりだ。
天気が悪いと霞んで見えないことも少なくない。

ピンが合っていないという声もあるけれど、
大抵のケースはタワー自体が霞んでいるのだ。

先日300メートルを超えたというニュースが流れた。
ただいまの高さは311メートル。

資料によると、第一展望台の高さが350メートル。
今年の夏頃には第一展望台まで出来上がるらしい。

| | コメント (0)

2010.03.12

柳澤桂子「われわれはなぜ死ぬのか」ちくま文庫

最近、訃報が多い。親の世代はもちろんだが、
このところ同世代も増えてきたね。

ヒトは誰でも明日死ぬかもしれないし、
数十年生きるかもしれない。

何歳でも条件は同じだけれど、60代になると
「数十年」が「十数年」に変わるから怖い。

母親はボケもせず85まで生きたけれど、
80過ぎて元気でいることは結構大変だろうな・・・

もしかして認知症って、ある意味
怖さから逃避するための自己防衛なのかもしれない。

今は、年金の都合で63歳まで働けるけど、
私は60歳でリタイアした。

現役のまま死ぬという生き方もあるかもしれないが、
何年かはグダグダと生きてみたかったのね。

そんでもって、あまりに退屈なら、
また復活すればいいんじゃないのかな。

とにかく、やり直しは効かないわけだからね。
この本は、まだ数ページしか読んでいない。

| | コメント (0)

2010.03.09

週刊ダイヤモンド「FREEの正体」

本日は雑学倶楽部の運営委員会。
昨日、死ぬほど飲んだのだから、よせばいいのに飲んだ。

雪が降っている。熱燗だ〜、鍋だ〜。
いろんな人と毎日楽しく飲める。幸せだ。

週刊ダイヤモンドは時折面白い特集を組む。
以前買った「新興宗教」も面白かったけれど・・・

実を言うと、地下鉄の中吊りを読んだだけで、
まだ買っていない。明日買います。

| | コメント (0)

2010.03.07

書評「ブック・ナビ」を更新

書評「ブック・ナビ」を更新しました。

(正)氏の塩澤幸登「平凡パンチの時代」と、
(雄)氏のコーマック・マッカーシー「ブラッド・メリディアン」の2冊です。

| | コメント (0)

2010.03.05

離婚ファームについて

先日、部屋の掃除をしていたら、
おしどり夫婦の当時の写真が出てきた。

娘がまだ2歳ぐらいの写真で、
二人ともいい笑顔をしている・・・

ふ〜ん、こんな時代もあったんだ。
そうだよなあ、結構ハワイにも一緒に行ったし。

だけど私、弱ってるわけじゃないよ。
たまには感傷にひたるのもいいかなと。

| | コメント (0)

3月4日は「離婚記念日」

そうか、8年になったかーー
一人暮らしも、長いようで短いようで。

普通、離婚記念日なんて覚えてないと思うけど、
かみさん(元妻)が自分の誕生日の翌日に出したのね。

誕生日、3月3日だから、この時期になると
なんとなく思い出してしまう。

離婚は50代前半が正解だね、とつくづく思った。
50代は、まだ気力も体力もあります。

いま60代になって思うんだけど、
少しずつ体力、精神力が衰えつつある。

いまは惰性で出来ていることが、
60代でゼロから始めるのは難しいと思うね。

だから、いままで決断出来なかった人々は、
あとは辛い数十年を生きるのさ・・・

| | コメント (1)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »