« 本は読んでも読まれるな! | トップページ | 坦々麺をつくる »

2010.03.18

成り行き任せ

マンションの理事になったことは以前書いた。
7人中、男性が2人だけなのでいきなり副理事長だ。

管理組合の理事は3度目だが、以前のマンションに比べ
活動はあまり活発ではないようだ。

親睦会もないし、会議が終わるとみな三々五々帰っていく。
理事の名簿はもらったが、とくに自己紹介もない。

「都合のいい時に、一度付き合っていただけませんか?」
ある日、管理人のMさんから声をかけられて、飲んだ。

話してみると、同学年であることが分かった。
盛り上がって、2人で紹興酒を2本空けた。

Mさんも、ここにきて2年足らずで、
溶け込みにくい雰囲気に悩んでいたようだ。 

その後、3時の休憩時間に何度かお茶を飲むようになった。
個々の案件で相談相手が欲しいように見えた。

「Nさん、管理人をやってみる気はありませんか?」
何度目かの茶飲み話の中で、Mさんが言った。

たしかに、いつまでも遊んでいられる身分ではない。
ただ、選択肢の中に管理人はなかった。

「意外に気楽な稼業ですよ」とMさんは言う。
そうか管理人もいいかしんないな、と思ったりする。

来年の今頃は、もしかしたら管理人をやっているかも。
成り行き次第だけど・・・

|

« 本は読んでも読まれるな! | トップページ | 坦々麺をつくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本は読んでも読まれるな! | トップページ | 坦々麺をつくる »