« 書評「ブック・ナビ」を更新 | トップページ | 谷中の桜 »

2010.04.06

酒匂ミユキの微妙

昨夜、渋谷で映画『ホワイト・オン・ライス』を観た。
高校時代の友人Tくんが出演しているからだ。

“アメリカ版寅さん”という前評判があったけれど、
現実はずいぶん違うなという印象を受けた。

やはり下町特有の人情や日本の風景が抜けると、
単なるドタバタのように受け取れてしまう。

特に血みどろのシーンは、
寅さん映画とは似て非なるものだ。

知人がゴールデン街でバイトを始めたというので、
初めて新副都心線で渋谷から新宿3丁目に向かった。

知人のバイトは木、金だけということが分かって
仕方が無いので唯尼庵に立ち寄った。

BGMに有名歌手のカバー曲が流れている。
だれ?と小鉄に聞いたら酒匂ミユキだと言う。うまい。

帰宅して、YouTubeで聴き直したら、それほどではなかった。
酒場に似合う歌手なのかもしれない。

|

« 書評「ブック・ナビ」を更新 | トップページ | 谷中の桜 »

コメント

「なんちゃって評論家」ですけど、
何か?

投稿: 健 | 2010.04.11 20:55

まあ、あんたが「なんちゃって評論家」でよかったよ。
健先生。

投稿: Tくん | 2010.04.11 20:13

ハハハッ
T君、そう熱くならずに・・・

ただ、僕はアメリカに住んでるわけではないので、
この映画の良さが、もうひとつピンとこなかった
のはたしかだ。

投稿: 健 | 2010.04.11 17:24

第一、「アメリカ版寅さん」というのは、日本のネットで流れているだけだぞ。だれも製作ではそんなこと言ってない。
コピペばっかりで書いている証拠だな。

投稿: Tくん | 2010.04.11 14:37

おまえらはみんな、
ブログで悪口書いておいて、メールで訂正するんだな。
まったく、なんてやつらだ。

投稿: Tくん | 2010.04.11 14:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 書評「ブック・ナビ」を更新 | トップページ | 谷中の桜 »