« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.23

エアコン来る

Aircon

実は4月の初めごろからエアコンが壊れていた。
それでも私はたかをくくっていたのである。

もともと冷房は好きではないし、
どうやらこの夏は冷夏という予測がある。

まあ、冬までに何とかしよう。しかし、
あることに気がついて愕然とした。

月末に知人を招待していたのである。
「エアコンが壊れている」では済まない。

あわててネットで検索しまくって、
なんとか本日、新品がやってきた。涼しい。

| | コメント (4)

ベランダからの風景−14

2010723

このところずっと、スカイツリーの成長が止まっている。
第一展望台の整備に注力しているからだ。

前回(5.27)が389メートルで、現在は398メートル。
約2カ月で、たった9メートルしか伸びていない。

見ていても、面白くない。

| | コメント (2)

2010.07.16

野球賭博について

相撲界の野球賭博が問題になっている。
相撲界だけが槍玉に挙がっているが、それでいいのか。

問題は、野球賭博が厳然と行われていて、
暴力団が胴元になっているということではないか。

賭博の参加者は多いに越したことはない。
相撲界という狭い世界だけで行われているわけではあるまい。

そうなると、他にどんな人達が関わっているのか
幅広く追及する必要があるのではないか。

賭博には八百長が付き物だ。
ましてや胴元が暴力団であるからには・・・

例えば、AチームvsBチームという対戦があり、
Aチーム勝ちのオッズが10倍だったとする。

Aチームに100万円賭ければ1000万円になる。
当然、Bチームに負けを働きかける勢力が出てくる。

もし、そんな事態になっていれば、
野球界だって汚染されている可能性もあるわけだ。

野球賭博の闇は深い、という気がする。

| | コメント (1)

2010.07.15

書評「ブック・ナビ」を更新

書評「ブック・ナビ」を更新しました。

(正)氏の浅川芳裕「日本は世界5位の農業大国」と、
(雄)氏の貴志俊彦「満洲国のビジュアル・メディア」です。

| | コメント (0)

情報格差について

今のマンションに住み始めて9年になる。
購入時は中古だから築年数は19年だ。

マンションも20年近く経つと
いろいろなところが劣化してくる。

そのために修繕積立金があり、
外壁などの大規模修繕は一応終了している。

それだけなら問題ないんだけど、
さまざまな付属品も劣化してくるのね。

2年前には浴室用の給湯器が壊れ、
つい最近はエアコンが動かなくなった。

給湯器の時には正規の価格は約30万円だったが、
ネットで検索して半分以下で抑えた。

今回のエアコンもメーカーに確認したら21万円。
ネットでは工事費込みで8万9千円であった。

こんなときインターネットなど知らない人は、
正規の価格を支払っているのだろう。

いまやテレビCMでも「詳しくはネットで検索」
が大流行りだが、なんのことやらわからない人もいるだろう。

人は本来、あらゆる面で平等であるべきだが、
こうした情報格差の対策はどうなっているのだろう。

| | コメント (0)

2010.07.14

宮崎 駿「紅の豚」

これって映画「借りぐらしのアリエッティ」の
番宣なんだよなあと思いながら「紅の豚」を観た。

もう何度か観ているんだけれど、いいね。
今回は特に加藤登紀子の歌が印象に残った。

「さくらんぼの實る頃」もよかったし、
エンディングの「時には昔の話を」もよかった。

久しぶりに、ちょっと泣きそうになった。

さくらんぼの實る頃
http://www.youtube.com/watch?v=GUjgk1N7728&feature=related

時には昔の話を
http://www.youtube.com/watch?v=gN2CqL7hjfY

| | コメント (2)

2010.07.08

スペインードイツ

3時半、キックオフ。
お、4分過ぎ、サポーターが一人ピッチに侵入。

6分半、スペインのチャンス。
出だしはスペインが押し気味だ。

13分半、スペインのプジョルがシュート。
15分、ドイツのコーナーキック。

19分、スペインのラモスのシュート。
31分半、ドイツが一本目のシュート。

ドイツも、ようやくエンジンがかかってきたか。
前半0−0、ドイツ前半は守備的に終始。

前半を見た限り、ゲーム展開は
昨日の方が見ごたえがあったな。

これでは寝られん。お、夜が明けて来た。
後半もこの調子なら寝よう。

後半28分、スペイン・プジョルのゴール!
ようやく堅守を破ったぞ。ますます寝られん。

スペイン、決勝進出!!!
ドイツの守りはすごかったが、守備だけでは勝てん。

| | コメント (2)

2010.07.07

オランダーウルグアイ

ここのところ何かと忙しいので
さすがに午前3時の準決勝は諦めて寝た。

しかし目を覚ますと3時であった。
仕方が無いので前半だけでも見ようかと・・・

3時半、キックオフだす。
5分、オランダ、カイトの初シュートだ!

2分後、ウルグアイのシュート!
なかなかの好ゲームだぞ。

18分、オランダのキャプテンのゴール!!
まだまだ予断を許さないが4時を回ったので寝る。

| | コメント (2)

2010.07.04

サッカーW杯

アルゼンチンードイツ戦を観た。実質的な決勝戦。
終わってみればドイツ4−0で圧勝。

「ビデオを観て相手チームを研究した」
試合後、ドイツ選手が語っていた。

アルゼンチンは監督がマラドーナだから、
ビデオでの分析なんかやらなかったのかもしれない。

例えば、女子バレーなんか観ていても、
1セット目と2セット目では戦い方が変わってくる。

双方とも、ビデオとパソコンで分析するからだ。
そういう意味では、スポーツも変わってきている。

単なる肉体と肉体のぶつかり合いではないわけだ。

| | コメント (2)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »