« 書評「ブック・ナビ」を更新 | トップページ | ベランダからの風景−14 »

2010.07.16

野球賭博について

相撲界の野球賭博が問題になっている。
相撲界だけが槍玉に挙がっているが、それでいいのか。

問題は、野球賭博が厳然と行われていて、
暴力団が胴元になっているということではないか。

賭博の参加者は多いに越したことはない。
相撲界という狭い世界だけで行われているわけではあるまい。

そうなると、他にどんな人達が関わっているのか
幅広く追及する必要があるのではないか。

賭博には八百長が付き物だ。
ましてや胴元が暴力団であるからには・・・

例えば、AチームvsBチームという対戦があり、
Aチーム勝ちのオッズが10倍だったとする。

Aチームに100万円賭ければ1000万円になる。
当然、Bチームに負けを働きかける勢力が出てくる。

もし、そんな事態になっていれば、
野球界だって汚染されている可能性もあるわけだ。

野球賭博の闇は深い、という気がする。

|

« 書評「ブック・ナビ」を更新 | トップページ | ベランダからの風景−14 »

コメント

まさに・・・。

そして、その資金をもとに行われた反社会的活動によって死ぬほど苦しんでいる人が、世の中にいるわけです・・・。

投稿: oxox | 2010.07.17 02:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 書評「ブック・ナビ」を更新 | トップページ | ベランダからの風景−14 »