« 「Webcat Plus」リニューアルオープン | トップページ | オランダーウルグアイ »

2010.07.04

サッカーW杯

アルゼンチンードイツ戦を観た。実質的な決勝戦。
終わってみればドイツ4−0で圧勝。

「ビデオを観て相手チームを研究した」
試合後、ドイツ選手が語っていた。

アルゼンチンは監督がマラドーナだから、
ビデオでの分析なんかやらなかったのかもしれない。

例えば、女子バレーなんか観ていても、
1セット目と2セット目では戦い方が変わってくる。

双方とも、ビデオとパソコンで分析するからだ。
そういう意味では、スポーツも変わってきている。

単なる肉体と肉体のぶつかり合いではないわけだ。

|

« 「Webcat Plus」リニューアルオープン | トップページ | オランダーウルグアイ »

コメント

ドイツ圧勝でしたね。
分析したうえでの勝利だったんですか。

相手のクセがわかっただけでなく、
それをプレーに活かせるから尚すごい。

oxoxさん
日本もそうですね。
テストをテストとしてしっかり利用したから
あの快進撃だったのかも。

投稿: ちか | 2010.07.04 12:25

'監督がマラドーナだから' =人間の弱点ですね。日本は、'テストマッチが散々だったから'⇒本戦のチームワークが抜群になったと私は見ています。人間の強さ、弱さもストラテジーのうちと思った本大会でした。

投稿: oxox | 2010.07.04 09:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「Webcat Plus」リニューアルオープン | トップページ | オランダーウルグアイ »