« 宮崎 駿「紅の豚」 | トップページ | 書評「ブック・ナビ」を更新 »

2010.07.15

情報格差について

今のマンションに住み始めて9年になる。
購入時は中古だから築年数は19年だ。

マンションも20年近く経つと
いろいろなところが劣化してくる。

そのために修繕積立金があり、
外壁などの大規模修繕は一応終了している。

それだけなら問題ないんだけど、
さまざまな付属品も劣化してくるのね。

2年前には浴室用の給湯器が壊れ、
つい最近はエアコンが動かなくなった。

給湯器の時には正規の価格は約30万円だったが、
ネットで検索して半分以下で抑えた。

今回のエアコンもメーカーに確認したら21万円。
ネットでは工事費込みで8万9千円であった。

こんなときインターネットなど知らない人は、
正規の価格を支払っているのだろう。

いまやテレビCMでも「詳しくはネットで検索」
が大流行りだが、なんのことやらわからない人もいるだろう。

人は本来、あらゆる面で平等であるべきだが、
こうした情報格差の対策はどうなっているのだろう。

|

« 宮崎 駿「紅の豚」 | トップページ | 書評「ブック・ナビ」を更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮崎 駿「紅の豚」 | トップページ | 書評「ブック・ナビ」を更新 »