« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010.09.30

蚊だって命がけ

エレベーターに乗ったら、蚊が一匹乗り込んできた。
「羽根があるんだから自力で飛べよ」と言いたい。

蚊はもともとそれほど高いところは飛ばない。
そこには獲物がいなかったからだ。

今では10階でも20階でも獲物がいるわけだから、
エレベーターを利用しない手はないと考えているのだろう。

その行動は素早く、退治しようとしても
するりと身をかわすニクイ奴。

だが、ひとたび血を吸うと
動きは緩慢になり、容易に命を落としてしまう。

吸血行為は、かなりリスクが高いのだ。
なぜ、そこまでして彼らは血を吸うのか?

蚊はいつでも吸血鬼と化すわけではない。
ふだんは花の蜜や、果物の汁、樹液などを吸っている。

血を吸うのは交尾後、産卵のためだ。
だから、血を吸うのはメスだけでオスは血を吸わない。

血を吸ってから4,5日で300粒あまりの卵を産み落とす。
卵はボーフラ、サナギを経て、約2週間で成虫になる。

彼らは命を賭けて、種の維持のために
今日も人間どもと闘っているのである。

ところで、オスは何をしておるのか?

| | コメント (3)

2010.09.27

ネットでラジオ

パソコンに向かっているときは
たいていの場合、ラジオを聴いている。

今日たまたまラジオCMで
ラジオはネットでも聴けることが判明した。

今年3月から半年間を試験期間として、
この9月から本格的に運用を開始したのだ。

ネットでの同時送信に踏み切ったのは、
TBSラジオ、ニッポン放送、文化放送、エフエム東京、J-WAVE、エフエムインターウェーヴの在京キー局6社と、
朝日放送、毎日放送、エフエム大阪など在阪の準キー局6社、
プラス、短波の日経ラジオ社の合計13社だ。

radiko.jpでradikoガジェットをダウンロード、
特別なソフトは必要としない。

早速、試してみたが、手元で選局もできるし
なかなか快適ですじゃ。

| | コメント (1)

2010.09.25

お墓参り

Higan
(八柱霊園の入口付近)

お彼岸なので家族そろってお墓参り。
家族と言ってもひと世代前の家族。

姉、兄夫婦と私の4人。いつのころからか、
子供世代は参加しなくなった・・・

霊園内でも若い世代はほとんど見かけない。
我がほう4人の平均年齢は63.75歳。時代だ。

帰りに南千住で途中下車。
雑誌で紹介されていた寿司屋「三亀」で食事。

店構えはイマイチだが味は絶品。大満足。
台風一過、空がきれいだ。

| | コメント (3)

2010.09.21

立原道造記念館の休館

Tachihara1

立原道造記念館が休館になるという話を小耳にはさんだ。
記念館は文京区弥生にある。近くだ。

夕方、ニャゴニャ号を駆って現地に行ってみた。
どうやら今月27日をもって休館になるらしい。

1997年の3月に開館したが、
昨年、設立者が亡くなったことなどが休館の遠因か。

原稿や手製詩歌集、絵画などの所蔵資料は、一時的に
「信濃デッサン館」館主の窪島誠一郎氏に寄託する。

本日は時間的に余裕がなかったので、
23日にでもゆっくり訪ねてみよう。

Tachihara2

並びには、弥生美術館と竹久夢二美術館が。
3館共通割引券が1100円はお得かも・・・

Yuuhi

帰宅したら、ちょうど夕陽が沈んでいく・・

| | コメント (1)

2010.09.19

根津神社 例大祭

Nedu4_2

Nedu5_2

Nedu3

Nedu1

Nedu2

| | コメント (3)

無題

Tatekan

| | コメント (5)

2010.09.18

続・綿の花咲く

Wata3

綿の花は時間によって色が変わるという。
午前7時半には、こんな色に。

| | コメント (3)

2010.09.16

綿の花咲く

Wata1

6月初めに綿のタネをまいた。
順調に生長していたのだが一向に花が咲かない。

8月中には咲いてもよさそうなものなのに・・・
昨日、水をやろうとしたら咲いていました。

まだ一つだけだけど、可愛い。

Wata2

| | コメント (4)

2010.09.14

古書店にエール

Kosyo1

出版界は相変わらず厳しい。
書店も厳しいし、もちろん古書店も厳しい。

古書ほうろうは、不忍通り沿いにある唯一の古書店だ。
古書を売るだけでなく展示会やライブなども開催する。

以前はよく訪れたものだが、最近はご無沙汰している。
ワンブロック手前にブックオフがオープンしたからだ。

ブックオフは古書店とは認めていないが、
文庫本などは綺麗だし、つい買ってしまう。

先日、久しぶりに古書ほうろうをのぞいてびっくりした。
店舗内がスカスカになっていたからだ。

「とうとう閉店か?」。そう思った。
「東京下町の昭和史」など数冊を購入した。

袋に入っていた「ほうろう通信」には、こうある。

【これまで12年間、ふた夫婦で切り盛りしてきましたが、ここ数年、ひとつの店舗で4人が糊口を凌ぐには困難な状況が続いており、昨年1年かけて話し合った結果、これからはそれぞれ別々にやってゆくことにしました】

Kosyo2

ひと組が残り、もうひと組は日暮里の夕やけだんだん上に
新店舗「古書信天翁(あほうどり)」を開店した。

店舗内がスカスカだったのは、
これまでの在庫を半々にしたからだ。

新店舗は、もともとは「ZAKURO」があったところ。
両店舗とも、がんばって欲しい。

| | コメント (4)

2010.09.13

「ニャゴニャ号」西へ東へ

Toden
(飛鳥山公園前を走る都電)

土曜日は上野公園内を走った。
木陰の中を走るのは心地良い。

日曜日は田端経由で王子方面に向かった。
子どもの頃から慣れ親しんだ地域だが風景は一変している。

飛鳥山公園あたりはバスだけでなく都電も走っている。
路面電車、イイネ・・・

本日は、プリンターのインクを購入するため秋葉原へ。
秋葉原は近いんだけど自宅からの交通は不便だ。

秋葉原は上野からすぐ近くだ。まさに自転車向き。
自宅から約20分で到着した。

| | コメント (5)

書評「ブック・ナビ」を更新

書評「ブック・ナビ」を更新しました。

今月は、
(正)氏の「あんじゅう」宮部みゆき と、
(雄)氏の「アクターズ・スタジオ・インタビュー」ジェイムズ・リプトン です。

| | コメント (0)

2010.09.09

続・愛車「ニャ号」を駆って

Nyago3

買ったからには乗らにゃあと、本日も
土地勘のある東京スカイツリー方面に出かける。

言問橋まで約30分で到着。
さくら橋近くのベストポイントで写真を撮る。

乗っているといろいろ分かってくることがある。
まずはサドルを5センチぐらい下げてみた。

信号待ちの時など、足がつかないんだよね。
あと、メイン通りは歩道が狭くて危ない。

裏道を開発したほうがいいかもしれない。
帰りに実践したら日本堤とか竜泉とか馴染みのない町に・・・

気がつけば日暮里駅に到着していた。せっかくだから
「わした」で豆腐ようとチラガースモークを買う。

愛称なんだけど「ニャ号」改め、
「ニャゴニャ号」にしようかと迷っている。

| | コメント (4)

愛車「ニャ号」を駆って

Nyago1
(愛車「ニャ号」の雄姿)

Nyago2
(ヘンシン前の「ニャ号」)

自転車を買おうか買うまいか、
悩み始めてからほぼ1カ月が経過した。

自転車ごときになぜと思うかもしれないが、
われながら熱しやすく冷めやすい性格が心配なのだ。

7日の出掛けに中古自転車5000円というのを見た。
明日まで残っていたら買おうと決めた。

8日、午後4時過ぎに帰宅したらまだ残っていた。
台風による集中豪雨が幸いしたのかもしれない。

マンションの管理人さんに確認したら、
先月1台分空いたところだという。ついている。

買った。買ったらすぐに乗りたい。
とりあえず土地勘のある神保町に向かった。

自転車に乗るのは10年ぶりぐらいだから、
大事をとって坂のない昌平橋経由で千駄木から約35分。

帰りは西方〜根津経由で25分弱。
6段切り替えなので西方の坂もらくらくOKだ。

本日は、早起きして谷中墓地に持ち出し整備をした。
ピカピカになった。とても中古車とは思えない。

| | コメント (4)

2010.09.03

行き倒れの夏

Natu

昨日、古本屋に向かう途中、パトカーが止まっている。
なんだ、なんだ。とりあえず写真を撮る。

どうやら人が倒れている。事件性はないらしい。
10分後、救急車が来て収容していった。

なぜ警察が先なんだろう?
ちょっと疑問が残った。

本日、午後10時10分。
マンションの手前に人が倒れている。

さすがに見過ごすことが出来ずに、
「大丈夫ですか?」と声をかけた。

通りがかりの若い女性がテキパキと
救急車に電話をかける。えらい!

この時も、警察には連絡していないのに
警察が先に到着した。不思議だ。

70前後の老人は杖をかかえたま倒れていて、
10分後に到着した救急車に収容された。

救急車への連絡は一瞬の差で若い女性に先を越された。
若い女性に拍手!

| | コメント (2)

ケンジつながり

昨日、高校時代の友人5人と飲んだ。
名目はU君の東海道徒歩制覇記念だ。

本来は7人のグループなんだけど、
一人は父親の法事、一人は入院ということで・・・

会場は銀座8丁目の「リトル沖縄」。帰りがけに
料理長の名刺をもらったら新垣健二さん。

な、な、なんと健二つながりだ。
本日は雑学倶楽部の9月例会だ。

そこで名刺交換したのが三井住友文化財団の城戸賢嗣さん。
な、な、なんと二日続けてケンジつながりだ。

だからどうなんだ、とは聞かないでね。

| | コメント (2)

2010.09.02

店長 vs オーナー

最近、近くに新しい店がオープンした。
それほど繁盛しているようにはみえない。

図書館の帰りに、喫茶店に立ち寄った。
隣で二人の男が深刻な話をしている。

「やはりバイトにはバイトなりに目的意識を・・・」
雇われ店長らしき男が熱く語りかける。

「うちはそれほどガツガツやらなくてもいいんだ」
オーナーらしき男はそれほど焦っていない。

「店舗は自前だし、そう簡単にはつぶれないんだよ」
オーナーらしき男はあくまでも冷静だ。

「俺、もう38歳だし・・・」。店長らしき男は、
この店に将来をかけてよいのか迷っているようにみえる。

結局ふたりの会話は最後まで噛み合わない。
「今度飲みながら話そう」。オーナーが言って終わった。

私はといえば、耳がダンボになって、
借りてきた本は一行も読めなかった。

| | コメント (1)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »