« 東欧マンホール事情 | トップページ | チェスキー・クルムロフ »

2010.11.13

鎌倉・らい亭の怪

先日吟行を行った鎌倉・らい亭(らいは木偏に雷)の庭園。
すばらしい竹林が印象的だ。

ほかにいくつもの石仏や石塔が配置されている。
そのうちのひとつに「石造十三像」がある。

立て札には十三像とあるのに、説明書きには
閻魔を中心とした十王とあり、像も十体しかない。

「???」。入り口でもらった案内図を見ると、
そこには「石造十王像」とある。

ダジャレ好きのニャゴはすぐに気がついた。
「王」の字の縦棒が消えて「三」になっていたのだ。

観光地なんだから、ちゃんと直しておけよな!

|

« 東欧マンホール事情 | トップページ | チェスキー・クルムロフ »

コメント

あの、都会でネオンの一部が消えて、店名がヤバイ感じになっちゃっているのの、昔版ですね。

投稿: oxox | 2010.11.13 19:56

あはは。
ダジャレと言うか、ズボラですね♪

投稿: ちか | 2010.11.13 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東欧マンホール事情 | トップページ | チェスキー・クルムロフ »