« カレンダーは可憐だ | トップページ | 休肝日の友 »

2010.12.26

奇妙な夢

今朝は7時に目覚ましをかけていたけれど、
珍しく、鳴る前に目を覚ました。

まだ暗い。時計を見ると、
すでに6時半を過ぎているというのに。

真夏なら5時半には、
すでに日が昇っていたような気がする。

冬至も過ぎたことだし、これから
徐々に日が延びていくのだろう。

直前まで、奇妙な夢を見ていた。
大きな揺れがきて、家屋が倒壊した。

倒壊したのは、なぜか子供の頃に住んでいた
田端の木造2階建ての家屋だ(今はもう無い)。

そこには母も、姉も、兄もいたけれど、
幸いなことに誰にも怪我はなかった。

2度目の揺れがきて、残りの屋根がくずれ、
近所の人が数人下敷きになった。

瓦礫の下から人々を助けだしたところで目が覚めた。
妙にリアリティーのある夢だったな。

これは、何かの予兆なのだろうか?

|

« カレンダーは可憐だ | トップページ | 休肝日の友 »

コメント

勇気を出してレーシック手術した甲斐がありました!(笑)

投稿: ちか | 2010.12.26 20:17

本日、夕方、一本だけですが、しっかりした地震雲(磁場による雲)は出てましたけど…。

投稿: oxox | 2010.12.26 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カレンダーは可憐だ | トップページ | 休肝日の友 »