« 浦安市の被害は、どうなっておるのか? | トップページ | Before and After the Quake and Tsunami »

2011.03.27

コンタクトレンズは足りているか?

昨年末にレーシック手術を受けた友人がいる。
理由は「大地震に備えて」。

先見の明がある。
普通はそこまでは考えないからね。

だけど、視力をコンタクトに頼っている人にとっては、
切実な問題であることは確かだ。

被災地で、おむつや生理用品までは要求できても、
「コンタクトが欲しい」とはなかなか言い出しにくい。

「それどころじゃないだろ?」と言われそうで・・・
本人にとっては、かなり切実なんだろうけど。

被災地で本当に必要なものは何か?
支援する側にも想像力が必要になる。

幸いコンタクトレンズ大手も
支援の手を差し伸べはじめているらしいが。

|

« 浦安市の被害は、どうなっておるのか? | トップページ | Before and After the Quake and Tsunami »

コメント

とても素敵なブログですね!

視力回復する方法を知ってますか?

http://lasikope.com

投稿: レーシックオペドットコム | 2011.03.27 21:36

まさかこんなに早く役に立つとは思いませんでした。

会社の女子は7割コンタクトですが、
被災時に全員コンタクトケースと眼鏡持ってました。
まずは眼鏡ですかね。
コンタクトは洗浄液やらケースやら付属品が多いから。
使い捨てを配布してもらえれば有難いかも。

投稿: ちか | 2011.03.27 18:38

以前、同僚がコンタクトを失くしたら業務に従事ができなくなり、会社を休んで作りに行きました。大事な商談でもあった日には死活問題です・・・。

だから、コンタクト使用者としては、必ずバックアップのためのレンズ及び眼鏡を常に携帯することになりますね。

投稿: oxox | 2011.03.27 18:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浦安市の被害は、どうなっておるのか? | トップページ | Before and After the Quake and Tsunami »