« Before and After the Quake and Tsunami | トップページ | お風呂でスマホ »

2011.03.28

住宅バブルのツケなのか?

今朝のテレビで、埼玉県久喜市の液状化を取り上げていた。
内陸部で液状化被害?

どうやら水田を埋め立てた上に住宅を建てたためらしい。
そういうことなら思い当たるふしがある。

住宅バブルの頃、盛んに水田や沼を埋め立てて、
その上にマンションや建売住宅を建てていた。

湿地地帯に建物を建てるには、通常
最低3年間は盛土をして、地盤を安定させねばならない。

しかし、そんなことをしていてはバブルに乗り遅れる。
1年前後の盛土で建設したデベロッパーも少なくない。

当時、そんな話を結構耳にしたし、実際
数年後に地盤沈下を起こした団地を取材したこともある。

そういう地域では、内陸部でも、今回のような巨大地震で
多かれ少なかれ被害が発生していても不思議ではない。

・臨時広報あびこ
http://p.tl/tYgy

|

« Before and After the Quake and Tsunami | トップページ | お風呂でスマホ »

コメント

都営三田線の板橋区に”本蓮沼”とか”蓮根”とかありますけど、マンションが林立しています。本当はマズイのかも・・・

投稿: 三才 | 2011.03.30 09:28

埼玉県久喜市もですか。
江戸時代に土地じゃなかったとこは
みんな危ないでしょうね。

投稿: ちか | 2011.03.28 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Before and After the Quake and Tsunami | トップページ | お風呂でスマホ »