« 藤波心を見に行く | トップページ | 書評「ブック・ナビ」を更新 »

2011.05.11

パンドラの匣

すでに誰もが気づいていることだと思うけれど、
私たちはもう決して3.11以前の世界に戻ることは出来ない。

原発事故というパンドラの匣が開いてしまった訳だからね。
それは目には見えない厄災だからやっかいだ。

この厄災は、「頑張ろう!」とか「ひとつになろう!」
といった掛け声だけでは、どうすることも出来ない。

あらゆる分野で、パラダイムを大きく転換させなければ、
この危機を乗り越えることは出来ないんんだろうな、きっと。

★小出裕章さん『隠される原子力』
http://www.youtube.com/watch?v=4gFxKiOGSDk

|

« 藤波心を見に行く | トップページ | 書評「ブック・ナビ」を更新 »

コメント

それでも仕事や利権が大事な本末転倒な人も、パンドラの箱に入ってましたね。ビックリ(笑)。

しかし、こういうリスクがあるから周辺住民に都民が払っていたショバ代の性質は何だったんでしょうか。一つの自治体あたり毎年5億円? さらに限度なし補償ですか。そんなコストの高い発電方法は要らんですね。

投稿: oxox | 2011.05.12 06:57

>私たちはもう決して3.11以前の世界に戻ることは出来ない。

悲しいけど受け入れないといけませんね。

投稿: ちか | 2011.05.12 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤波心を見に行く | トップページ | 書評「ブック・ナビ」を更新 »