« 中島みゆき「時代」 | トップページ | EVERNOTEに挑戦 »

2011.05.31

記者クラブの実態

記者クラブについては、いま、ツイッターとかで、
上杉隆とか岩上安身とかが頑張っているけど・・・

もうひとつ広がらないのは、
実態を知っている人が少ないからなんだよね。

簡単に言えば、記者クラブというのは癒着です。
メディアが官僚にもてあそばれているということ。

私はマスメディアではないけど、
専門紙記者クラブに所属していたことがある。

私は、建設省(当時)、国土省(当時)、国税庁にいたけど、
結局、役所の広報以上にはなれないのね・・・

例えば、国税記者クラブの親睦旅行の幹事は
国税庁広報課の課長補佐が仕切るのね。

国税庁から予約が入ったら、どんな旅館でも安くするよね。
それを、記者連中は当然のように甘受するわけさ。

一事が万事、そうゆう流れで、
お世話になっちゃうから悪いことは書けない。

記者クラブを信じてはいけない。
マスメディアを信じてはいけない。

|

« 中島みゆき「時代」 | トップページ | EVERNOTEに挑戦 »

コメント

>この視聴者にしてこのマスコミあり
残念ながら、この国民にしてこの政治家ありでもあるんですよね。

投稿: ニャゴ | 2011.05.31 23:54

報道に携わる者としての使命感や信念はどこへ行ったんでしょ。そういう人は迫害されるから淘汰されますね。視聴者側も気骨のある番組、特集を観ないし。そういう意味では、この視聴者にしてこのマスコミあり・・・だから、道理かもしれません。

今回のなんだかんだで、マスコミはまったくもって信用できないことを実感しました。マスコミが機能しないのって危ないですね。しかしマスコミが悪いのではなく、信用できないマスコミを作った国民が、当然の報いを受けているだけでありますが。

投稿: oxox | 2011.05.31 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中島みゆき「時代」 | トップページ | EVERNOTEに挑戦 »