« だから原発はやめられない!! | トップページ | わが国は電力業界による一党独裁体制である »

2011.08.15

メディアはいったい何がしたいのか?

ニューズウィーク日本版7.20の特集記事『政治をダメにする「第4の権力」』から一部を引用してみる。

【政治を監視し、政策や国家中枢の動向を分かりやすく伝えることが、「第4の権力」であるメディアに求められる役割】

【しかし、この国のメディアはその本来の使命を果たすどころか、政治の混乱を助長している】

【政治家同士の泥仕合に加担し、パフォーマンスをあおり、些細な問題をあげつらってヒステリックなバッシング報道を展開する】

【その結果、首相の首が何度もすげ替えられてきたが、一方で政治の本質的な問題がメディアから伝えられることはほとんどなかった】

参考までに、ここ数年の首相の在籍期間を列挙しておく。

安倍晋三(366日)
福田赳夫(365日)
麻生太郎(358日)
鳩山由紀夫(266日)
菅直人(434日)※2011.8.15現在

【限りなく政治家と一体化し、その構造が崩壊すると一転して一方的なバッシング報道を始めるーー。そんな日本メディアの新たな「武器」が世論調査だ】

【あまり認識されていないが、日本の新聞・テレビによる内閣支持率調査はここ数年で激増している】

【例えば、71年に1回だけだった読売新聞の全国世論調査の数は昨年31回に上った。小泉政権が誕生した01年以降に世論調査が加速度的に増えていることと、小泉以後に短命政権が続いたことはまったくの偶然ではないだろう】

【ただし、現在行われている世論調査は必ずしも科学的とは言い切れない】

【調査の正確性ももちろん問題だが、むしろ深刻なのは政界とメディア、国民を取り巻く「世論調査依存症」とも言うべき状況かもしれない】

バッシング報道の直後に世論調査をする。
当然、内閣支持率は下がる。

こうしたことを繰り返して、最後に「内閣支持率 危険水域に!」などと報じて、首相辞めろコールを煽る。

ただし、メディア側に辞任後の青写真があるわけではない。
世論調査を「おもちゃ」にして面白がっているだけだ。

そうして最後には、したり顔で次のように書くのだ。
「こんなにころころ首相が代わっては対外的に信用されない」

こういうのを、世間では「マッチポンプ」というのだ。

|

« だから原発はやめられない!! | トップページ | わが国は電力業界による一党独裁体制である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だから原発はやめられない!! | トップページ | わが国は電力業界による一党独裁体制である »