« 書籍情報サイト「ブック・アサヒ・コム」がオープン | トップページ | メディアはいったい何がしたいのか? »

2011.08.13

だから原発はやめられない!!

なぜ「菅おろし」が野党だけでなく、与党からも起きるのか?
メディアは菅首相の人格にすり替えているけれど・・・

政治で大事なのは人格云々ではない。政策だ。
政官業メディアは菅首相の「脱原発」が気に入らないのだ。

経済界は電力業界=原発業界に牛耳られている。
自民党は原発マネーに支えられて戦後50年余を担ってきた。

今は野党ヅラして菅首相を責め立てているけれど、
原発依存社会を創り上げてきたのは他ならぬ自民党だ。

戦後、経財界を主導したのは、木川田一隆(経済同友会)、
平岩外四(経団連)など、ほとんどが東京電力の代表者だ。

もちろん現在の、北海道、東北、中部、北陸、関西、中国、
四国、九州の経済連合会の代表も電力会社だ。

彼らは、豊富な原発マネーを中央、地方の政界にばらまいて、
原発安全神話を浸透させてきた。

一方の民主党はどうかといえば、政権交代に役割を果たした
最大支持基盤「連合」の中核組織は「電力総連」だ。

民主党のご意見番と称された笹森清元連合会長は、
東京電力労組委員長と電力総連会長を歴任した人物だ。

当然、民主党の議員にも原発マネーが流れているし、
選挙ではお世話になっている。

菅首相が「脱原発」を言い出してから、一斉に
与野党から「菅おろし」が出てきたのはこういう背景がある。

原発マネーはマスコミにも、大学などにも流れている。
菅直人「四面楚歌」の実態が、ここにある。

|

« 書籍情報サイト「ブック・アサヒ・コム」がオープン | トップページ | メディアはいったい何がしたいのか? »

コメント

ああ、どうもおかしいと思ってました。
まるで、中学校のクラスの「シカト」そのもの。何をやっても協力しない、言いがかりをつける。同じグループの岡田君、枝野君も苦しそうだった。

投稿: oxox | 2011.08.14 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 書籍情報サイト「ブック・アサヒ・コム」がオープン | トップページ | メディアはいったい何がしたいのか? »