« 第33回 雑学まつり | トップページ | 紅白梅合戦 »

2012.02.15

悲しいね・・・

「昨日買ったライターね、硬くて使えないのよ。別のないの?」。百円ショップでお年寄りが店員に泣きついている。

「すいません。最近は、事故防止のため、みんなそのタイプなんですけど」と女店員。「そうなの〜」。お年寄りは肩を落として店を出ていった。

煙草を吸わないまでも、仏壇のロウソクやお線香に火をつけるためには、100円ライターは必需品だ。

一方で、つい最近も未回収の「硬くない」ライターを幼児がいたずらして火災が起こり、命を落としている。悲しいね・・・

|

« 第33回 雑学まつり | トップページ | 紅白梅合戦 »

コメント

チャッカマンも最近のは多少硬くなってるよ〜

たしかに今の子は、過保護すぎて、危険に対する対応がヘタだね。
昔は、炊飯器とか洗濯機とかもなかったし、子どもが3,4人がふつうだったから、親は子どもの面倒なんんか見る暇がなかったのね。だから危険がいっぱい。だけど、それって大事だよね。

投稿: ニャゴ | 2012.02.16 22:52

私も、あれは火が点けられません。なので、100円均一でチャッカマン買ってこようかと。

しかし、火や刃物の取扱は、教育の一環で何とかすべきものと思います。そういうものがどんなに怖いか、親の監視下で軽くやけどの一つもさせてみればいいんです。そうじゃなく、火が点かなくすることで回避するならば他の色々なことへの警戒感などは育たないと思います。親の教育放棄の結果でしょう。

投稿: oxox | 2012.02.16 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第33回 雑学まつり | トップページ | 紅白梅合戦 »