2013.07.18

長寿社会に想う

数日前、95歳の母親の介護をしている友人から電話があった。
係累がいないので、逃げ場のない状況がヒシヒシと伝わってくる。

「それにつけても、お前のおふくろさんはすごいよ」
話の流れで、友人はそんなことを言った。

「子どもたちに迷惑を掛けたくない」と、
10年前、85歳で自死した私の母親のことを言っているのだ。

「だめだよ、そんなこと言っちゃ。自分の母親に失礼だぞ」
とは言えなかった。

そんなことを誉められても、すこしも嬉しくなんか無い。
たしかに恩恵は受けているが、トラウマだってハンパじゃないんだぞ。

それにしても、世間は目先の経済に一喜一憂しているけれど、
原発もさることながら、本当に深刻なのは少子高齢化の長寿社会なんだぜ。

30年後に原発ゼロを公約している政党は少なからずあるが、
30年後の超々高齢化社会に触れている政党は皆無だ。

あと30年もすれば、団塊の世代が95歳を迎える。
現在30代なかばの諸君、そのとき君たちはどうする。

| | コメント (0)

2012.11.25

何度でもつぶやく

これって、ツイッターでもつぶやいたんだけど、何度でも

風まかせで当選した小泉チルドレンや、小沢チルドレンは、任期中に何が出来たのだろう?
そうして、橋下チルドレンに何が出来るのだろう?

| | コメント (3)

2012.07.12

毎週金曜日、首相官邸前で抗議行動

昨年は、脱原発デモに5回参加しているのに、今年は一度も参加できていない。先週の金曜日、経堂に向かう途中、国会議事堂前駅に停車したら「脱原発の抗議行動で混雑しているのでご注意ください」というアナウンスがあった。約束がなければ途中下車したかったんだけどなあ。

ある番組で、あるコメンテーターが「あの集会を、テレビや新聞は『一般市民の集会』と報道しているが、けしからん。中核や革マルも参加しているんですよ!」とわめいていた。それがどうした。中核や革マルにだって、集会の自由はある。ま、今の20代、30代の若者に、いきなり中核だ、革マルだと言っても、何のことか分からんと思うけどね。

だいたい、中核や革マルなど、いわゆる“暴力的破壊活動団体”は公安警察の「メシの種」と言われ、これらの団体が壊滅してしまうと、公安予算は半減してしまうので、生かさず殺さず大事に育てているという説もある。「メシの種」は大切にしなきゃね。

今週も来週も金曜は予定があるので、27日にぜひ顔を出してみよう。ちなみに私は、中核でも革マルでもありません。

| | コメント (0)

2012.03.11

忘れてはいけないこと

『ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね』(岡崎京子)
だけど、忘れてはいけないことがあることも確かだ。

http://p.tl/aMuX

http://p.tl/1iQO

| | コメント (0)

2012.03.08

なぁんだ、慣れ合いじゃないか・・・

今日、銀座でデモに遭遇した。へっ、今夜、脱原発デモあったっけ? よくよく見たら、労働組合の春闘の賃上げデモだった。

警備の警官隊が一人もいない。それはそれでいい。だけど、私ら、脱原発のデモに参加すると、10人に一人ぐらいの割り合いで機動隊がつくよ!!!

なぁんだ、憲法は平等じゃなかったんだ・・・

| | コメント (0)

2012.02.11

脱原発ポスター

No_nukes

脱原発ポスター展で見つけた一点。
結構、インパクトあるね!

| | コメント (1)

2011.09.04

ほあんいんぜんいんあほ

8271_38272_5

このところツイッターにうつつをぬかしていたら、
ブログの方がほったらかしになってしまった。

このブログを目安にしている友人たちの中には、
孤独死を心配している向きもあるかもしれない。

上の写真は、8.27脱原発デモ(渋谷)で配布していた団扇。
なかなかセンスがいいので保存している(ん? 扇子?)。

ご覧のように、表は清志郎の似顔絵、
裏にはびっしりと文字が記入してある。

思わず笑ったのが「ほあんいんぜんいんあほ」。
しっかり回文になっているのが気に入った。

他にも「ようそでたまたでそうよ」なんてのもある。
こういう脱力系は好きだな。

この日は、デモのあと我が家で隅田川花火見ながら飲み会。
それなりに充実した日々を送っているのであった。

おしまいは、最近のツイートから幾つか紹介してお茶を濁す。

【原発所在地から半径20キロ、50キロ、100キロ、200キロのエリアを地図で示したサイトがある。 http://p.tl/69K0 半径200キロエリアの地図を見ると、絶望的な気持ちになる。日本に安全な場所なんてないんだ】

【私たちは今、5年後、10年後の日本を想像することはできないが、チェルノブイリに学ぶことは出来る。「チェルノブイリハート」(日本語字幕付き) http://p.tl/U5tW

【脱原発デモで、「子どもを守れ〜」「若者を守れ〜」と叫んでいる。私(63歳)も守って欲しいので「ジジイも守れ〜」と叫んで顰蹙を買った。今度のデモは19日(敬老の日)なので、堂々と叫べる(と思う)】

| | コメント (3)

2011.08.22

最近のツイート

ツイッターはいかんね。
ついつい熱くなってしまう。

少し冷静になろう。
もともと、そういうキャラじゃないんだからネ。

8月22日
【世の中には、善意や心意気だけでは解決しない問題がたくさんある。その最たるものが「放射能汚染」。全食品検査が前提でなければ、「食べて応援しよう!」なんてナンセンス。危険なだけだ】

【7月末、東電の副社長が「無理な節電はしなくていい。熱中症が懸念されるような節電は控えてほしい」と呼びかけた。東電が人の健康を心配するわけがない。東電も電気を売ってなんぼの商売。過剰な節電は売上に響くのだ。それなら全原発が止まるまで節電をやめないという手もありかな】

【「電力供給の30%が原発」という言葉が独り歩きしているけど、23日に柏崎刈羽原発7号機が停止すると、東京電力の原発17基のうち運転しているのは2基だけ、全国でも54基中14基しか動いていない。30%なんて大ウソで、ホントは数%に過ぎない。全部止めても問題ない】

【想像してごらん 被曝した子供たちの未来を 10年後、20年後の姿を「直ちに健康に影響がない」と言った人たちは そのとき、どんな顔をしているのだろう? 人々はなお「経済が大事」「抑止力が大事」と言っていられるだろうか?】

【以前は、デモといえば学生と労働組合が主役だった。最近の「脱原発デモ」には、どちらも姿を見せない。学生も情けないが、労働組合はどうした? 「連合」中核組織の「電力総連」に遠慮しているのだろうか? 情け無い】

8月21日
【今回の代表選は候補者乱立だから、最大勢力の小沢グループの動向で勝負が決まる。「マニフェスト見直し」はご破算になり、野党は硬化。小沢好き?のマスコミは「二重権力」と大騒ぎ。政治空転。「脱原発」がなくなる分、政治は今より悪くなる】

【いま選挙をやっても、受け皿がないから、「脱原発」票は死票になってしまう。「脱原発」75%が賛成というなら、多少困難でも「国民投票」に持ち込むしかないのかもしれない】

| | コメント (0)

2011.08.20

わが国は電力業界による一党独裁体制である

ブログやツイッターをやっていて、気がついたことがある。
「わが国は電力業界による一党独裁体制である」

経済界は、北から南まで、すべて電力会社が握っている。
労働組合は、電力総連が連合の中核組織だ。

政治は、二大政党制で、政権交代も行われ、
一見、民主主義のようにみえる。

だけど、財界支援の自民党から、労組支援の民主党に。
バックに、電力業界がいることに変わりはない。

経産省からは電力業界に大量に天下りし、一方
電力業界から経産省・文科省・内閣府に天上がりしている。

経産省と電力業界は一体化している。
「警察と泥棒が同居している」と言われる所以だ。

警察からも電力会社に大量に天下りしている。
脱原発デモの過剰警備は、天下り先を守るためでもある。

新聞・テレビには広告という名の原発マネーが。
特に、ニュース番組のスポンサーは電力会社系が多い。

原発関連のニュースは、電力会社の発表を垂れ流し、
いかに脱原発デモが盛り上がっても報道はしない。

組織だけでなく、記者個人の対策も怠りない。
東電のツケで飲み食いする記者が後を絶たないという。

学会はどうかというと、これも同様だ。
寄付金・受託研究費・共同研究費。枚挙にいとまがない。

かくして、「誰も東電には逆らえない」。
「脱原発」と言えば、総理でもクビに出来る。

小沢一郎なら打開できると思っている人がいるかも。
彼は、選挙のたび連合に頭を下げた。期待できない。

※参考資料
別冊宝島「原発の深い闇」
古賀茂明「日本中枢の崩壊」 ほか

| | コメント (1)

2011.08.13

だから原発はやめられない!!

なぜ「菅おろし」が野党だけでなく、与党からも起きるのか?
メディアは菅首相の人格にすり替えているけれど・・・

政治で大事なのは人格云々ではない。政策だ。
政官業メディアは菅首相の「脱原発」が気に入らないのだ。

経済界は電力業界=原発業界に牛耳られている。
自民党は原発マネーに支えられて戦後50年余を担ってきた。

今は野党ヅラして菅首相を責め立てているけれど、
原発依存社会を創り上げてきたのは他ならぬ自民党だ。

戦後、経財界を主導したのは、木川田一隆(経済同友会)、
平岩外四(経団連)など、ほとんどが東京電力の代表者だ。

もちろん現在の、北海道、東北、中部、北陸、関西、中国、
四国、九州の経済連合会の代表も電力会社だ。

彼らは、豊富な原発マネーを中央、地方の政界にばらまいて、
原発安全神話を浸透させてきた。

一方の民主党はどうかといえば、政権交代に役割を果たした
最大支持基盤「連合」の中核組織は「電力総連」だ。

民主党のご意見番と称された笹森清元連合会長は、
東京電力労組委員長と電力総連会長を歴任した人物だ。

当然、民主党の議員にも原発マネーが流れているし、
選挙ではお世話になっている。

菅首相が「脱原発」を言い出してから、一斉に
与野党から「菅おろし」が出てきたのはこういう背景がある。

原発マネーはマスコミにも、大学などにも流れている。
菅直人「四面楚歌」の実態が、ここにある。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧