2008.11.05

続・HP「ブック・ナビ」移転計画

前回、HP「ブック・ナビ」移転計画を書いたら、
書評子お二人から早速コメントをいただいた。

パソコンの不具合による苦肉の策だけれど、
この案を思いついてから、急に気力が充実してきた。

この2日間で全体約170本のうち30%の移転が終わった。
改めてみてみると書評「ブック・ナビ」悪くないです(自賛)。

アップするとき自動的にトラックバックが飛ぶので、
更新時、HP時代より露出が増えるかもしれない。

「雄」くんの心配する一覧性の確保については、
移転完了の時点でなんとか考えたいと思います。

それから、文体の問題だけれど、
ブログにも静的なものと動的なものがあるわけで・・・

書評「ブック・ナビ」はほぼ月1回の更新予定だし、
それほど意識する必要はないのではないでしょうか。

| | コメント (2)

2008.11.04

HP「ブック・ナビ」移転計画

HP「ブック・ナビ」を開設して約10年になる。
当時はまだ、ブログなどという便利なものが存在しなかった。

常々、書評はHPよりブログ向きだなと思っていた。
Blog「ブック・ナビ」をオープンしたのもそのためだ。

ただ、私自身は書評が苦手なので、
ブログはいつしか日々雑感に変質してしまった。

このところ我が家のMac2台が、相次いでダウンしてしまった。
かろうじて生きているのは、100円パソコンだけだ。

ソフトやメモリの関係で、100円パソコンでは
HPを更新することができない。

かといって、書評の原稿は届きはじめているし・・・
苦肉の策として、HPの書評をブログに移転することにした。

現在、約10%の移転が進行中だ。
なるべく年代順にしたいので結構手間がかかる。

ブログ目次で書評「ブック・ナビ」でリンクしているので、
関心のある方はご訪問ください。

当面はHPと併載していく予定だけれど、
ゆくゆくはブログに一本化したいと思っている。

書評子の「雄」くん、「正」くんには、失礼ながら
ブログ上でのお知らせになるが、ご意見をお寄せください。

ゴメン・・・

| | コメント (2)

2008.09.13

このブログについて

なんだか私生活を公開することに疲れてしまった・・・
これ本音です。一種の休筆宣言でもあります。

だけど昨日の会合に出て少し考えが変わった。
高校の同期8人が集まりY君の帰国歓迎会を開いたのだけれど、もう一つのテーマとしてロスで病に伏せるT君のために何ができるかを話し合った。

高校を卒業して40数年、Around60のメンバーが一人の友人のために何かできないかを真剣に話し合っている。これ、ちょっと感動ものです。私にも何かできないか?

T君は実はこのブログの読者で、たまにコメントも寄せてくれている。うぬぼれで言わせてもらえれば、異国で病床に伏せり、もしかしたら、このブログを楽しみのひとつにしてくれているのかもしれない。

T君は24,5歳の頃、私に初めて結婚式の司会を依頼してくれた友人で、40前後にニューヨークを訪れたときには、忙しい中、市内を案内してくれたという恩義もある。

取るに足らないブログだけど、一人でも待っていてくれる読者がいるとしたら・・・もう少し続けてみようかと思う。

| | コメント (5)

2008.08.31

カテゴリーの整理

ブログの記事が500本を超えたのを機に
カテゴリーを整理した。

7割方が「雑感」というのでは、
カテゴリーの意味がないからだ。

「雑感」という項目を「新聞・テレビ」「社会・政治」
「暮らし」「交友録」などいくつかに分割した。

それにしても、ブログを始めて4年がたつというのに、
500本というのは、いかにも少ない。

まあ、ほぼ毎日書いているのは、ここ数カ月で、
当初はあんまり熱心に更新しなかったからね。

全体を眺めてみると、記事内容が
「社会・政治」から「暮らし」にシフトしてきている。

その方が、ブログっぽいのかな・・・

| | コメント (0)

2008.06.30

ブログ読者の属性

戯れに、過去1カ月のアクセス解析を調べてみた。
一日平均でみるとアクセス数139件、訪問者数73人である。

当初の読者は、高校時代の同期数人に過ぎなかった。
主な読者はほかに雑学関係者、会社の元同僚などになる。

最近多数派になりつつあるのが「しゃれこうべ」の常連さん。
マスターの音さんが自分の日記にリンクを張ってくれたからだ。

店に顔を出すといろいろな人から
「ブログ読んでますよ」という声がかかる。

先日も退職の日に顔を出したら、
「ニャゴさん、今日が最後だって」と声がかかった。

なんだか不思議な感じがするし、ちょっと緊張もする。
「しゃれこうべ」寄りの内容が多くなったのもそのためだ。

お礼の意味を込めて、こちらからも
「マスターの日報」にリンクを張らせていただいた。

ここ1週間の傾向を見るとケータイからのアクセスが、
一日平均で20件もあるのでびっくりした。

これはQRコード効果なんだろうけれど、
ほとんどが「100字雑学」の読者だ。

そうなると「100字雑学」の更新もしなければ、となる。
今回、プレッシャーに負けて約1年ぶりに更新した。

これからは、「Always」でも、
「昭和の子どもの遊び」を書いていけたらと思っている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.02.08

QRコードでケータイへ

(雄)氏のブログ「不良老年のNY独り暮らし」に触発されて、
URLをケータイに飛ばせるQRコードを張り付けた。

まだ一日だけだからなんとも言えないが、
心なしアクセス数が増えたような気がする(ホントか?)

本編はともかく、100字雑学なんかケータイ向きだよね、
などと勝手な妄想を抱いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.01

3年6組ブログ

高校時代の同期とはずいぶん付き合いがあるけれど、
あんまりブログをやっているという話は聞かない。

唯一の例外は、我が3年6組の仲間だ。
私を含めて5人もいるというのはすばらしい。

おおむね、右サイドのLINKSで紹介しているけれど、
改めて紹介しておく。

■K.N君(私です)
Blog「ブック・ナビ」

インテリケンちゃんの100字雑学

■M.T君
詩日記

■S.I君
暇になっても忙しい

■T.T君
Radical Imagination -from 鎌倉 with Love

■Y.Y君
不良老年のNY独り暮らし

もっと、ブログの輪が広がるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.27

続・ブログの危うさ~情報の一人歩き

かつて、「インテリケンちゃんの雑学大辞典」を連載していたとき、
「三角定規の穴」をテーマに取り上げたことがある。

ネタ元は、書店に並ぶ雑学本の類で、
これを裏を取らずにリライトして掲載した。

この記事は、いくつかの雑学サイトに
無断でコピペされた。

その後、当方には三角定規の製作会社社員と名乗る方から、
情報が間違っているとのご指摘をいただき訂正した。

だけど、コピペされたサイトではそのまま残り、
情報として一人歩きした。

インターネットの内部には、
こういう情報がゴロゴロ転がっている。

たかが「三角定規の穴」程度なら実害はないが、
内容によっては大きな影響が出る。自戒したい。

Wikipediaなんかにも
結構ガセネタが載っていることがあるので注意したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.26

ブログの危うさ~情報の一人歩き

先週木曜日、安倍新総裁の誕生にあわせて、
かの有名な「きっこの日記」を始めとして、
いくつかのブログに下記のようなニュースが掲載された。

「速報」
2005年10月25日、26日、ブッシュの支持基盤であるネオコン派の政治家、知識人が集まるワシントンの政策研究所、AEI・アメリカン・エン タープライズ・インスティテュートが主催して、日本の国会議事堂裏のホテル、キャピトル東急で、「政策研究集会」が開かれた。テーマは、「日本と中国を、 どのようにして戦争に突入させるか、そのプラン作り」である。
 
参加者はAEI所長クリストファー・デムス、次期総理・安倍晋三、鶴岡公二(外務省、総合外交政策局審議官)、山口昇(防衛庁、防衛研究所副所長、陸将 補)、民主党・前党首・前原誠司、その他自民、民主の複数の議員。テーマは「有事、戦争に、どう対処するか」では無く、「中国と日本を、どのようにして戦争に持って行くか」である。(了)


これは、フリーライター・西山澄夫が発行している
ML「週刊オルタ」が配信したものを各自が転載しているのだが、
ネタ自体は、船井幸雄、副島隆彦著「昭和史からの警告―戦争への道を阻め」(ビジネス社)からの引用だ。

この著書は、あの9/11同時多発テロは「アメリカの自作自演だ」と主張するなど、陰謀史観のトンデモ本っぽい匂いがプンプンしている本だ。

しかも同書によれば、「政策研究集会」の内容については、
「話し合われた具体的な内容までは、私のところにも十分には届きませんが、日本を中国にぶつけて少しずつ戦争に引きずり込むスケジュールが、ここでも話し合われたことでしょう」と極めてアイマイな記述で、上記のように「テーマは『中国と日本を、どのようにして戦争に持って行くか』である」と、断言しているわけではない。

安倍晋三を批判するのはいいが、
余りにいいかげんな内容だと、
批判する側の「質」が問われるのではないかと思う今日この頃なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.31

情報源としてのブログ

事件がひとたび政界がらみになると、
今の新聞、テレビは何の役にも立たなくなる。

これは「記者クラブ」や「番記者」制度を採用する
日本のマスコミの大いなる弊害であろう。

そこで情報源として、

・情報紙「ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ)
・世に倦む日日
・きっこのブログ

など、いくつかのブログを参考にしている。

ここにきて、ヒューザー事件とライブドア事件が
安倍晋三つながりになってきた。

秋の総裁選は、結構面白くなるかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)