カテゴリー

  • 「ア行」の作品
    甘粕正彦 乱心の廣野/「沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史(佐野眞一)、1Q84(Book 1・2)(村上春樹)、ほか
  • 「カ行」の作品
    きことわ/苦役列車(朝吹真理子/西村賢太)、原発のウソ/隠される原子力 核の真実(小出裕章)、ほか
  • 「サ行」の作品
    さよなら渓谷(吉田修一)、司馬遼太郎が考えたこと1(司馬遼太郎)、ほか
  • 「タ行」の作品
    2days4girls(村上 龍)、「東北」再生(赤坂憲雄、小熊英二、山内明美)、ほか
  • 「ナ行」の作品
    夏目漱石を読む(吉本隆明)、日本人は何故シュートを打たないのか(湯浅健二)、ほか
  • 「ハ行」の作品
    俳句的生活(長谷川 櫂)、福島の原発事故をめぐって/日本の大転換/原発社会からの離脱(山本義隆ほか)、ほか
  • 「マ行」の作品
    〈民主〉と〈愛国〉(小熊英二)、民族という虚構(小坂井敏晶)、ほか
  • 「ヤ行」の作品
    焼き餃子と名画座(平松洋子)、四大帝王を直撃!偏愛ワイン録(葉山考太郎)、ほか
  • 「ラ行」の作品
    ランドマーク(吉田修一)、ローカル私鉄・なるほど雑学(二村高史・宮田幸治)、ほか
  • 「ワ行」の作品
    和解する脳(池谷裕二・鈴木仁志)、忘れられる過去(荒川洋治)、ほか

« 「カ行」の作品 | トップページ

「ア行」の作品

【あ】
 *@Fukushima/裸のフクシマ(高田昌幸ほか)  *秋葉原事件/ホームレス歌人のいた冬(中島岳志ほか)  *アメリカン・デモクラシーの逆説(渡辺 靖)  *アフロ・ディズニー1.2(菊地成孔・大谷能生)  *あんじゅう(宮部みゆき)  *アクターズ・スタジオ・インタビュー(ジェイムズ・リプトン)  *アンティキテラ 古代ギリシアのコンピュータ(ジョー・マーチャント)  *「 穴」を探る(草森紳一)  *甘粕正彦 乱心の廣野/「沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史(佐野眞一)  *『あっ、忘れてた』はなぜ起こる(梅田 聡)  *アメリカ第二次南北戦争(佐藤賢一)  *アメリカの原理主義(河野博子)  *アナ・トレントの鞄(クラフト・エヴィング商會)  *アースダイバー(中沢新一)  *旭山動物園の奇跡(SPA!編集部)  *アフターダーク(村上春樹)  *あ・ぷろぽ(山田 稔)  *贖いの地(ガブリエル・コーエン)  *阿修羅ガール(舞城王太郎)  *「荒ぶる」復活(清宮克幸)  *「悪魔祓い」の現在史(稲垣 武)  *暗殺阻止(デイヴィッド・メイスン)

【い】
 *1968(上・下)(小熊英二)  *1Q84(Book 1・2)(村上春樹)  *遺稿集(鴨志田 穣)  *命の詩 : 月刊YOUとその時代(阿久 悠)  *いとしいたべもの(森下典子)  *一号線を北上せよ(沢木耕太郎)  *イラクの小さな橋を渡って(池澤夏樹)  *池袋ウエストゲートパーク/少年計数機/骨音(石田衣良)

【う】
 *「美しい」ってなんだろう?(森村泰昌)  *運命の一瞬!(おもしろ世紀末総研)

【え】
 *絵筆のナショナリズム(柴崎信三)  *円朝の女(松井今朝子)  *エ/ン/ジ/ン(中島京子)  *永仁の壷(村松友視)  *江戸の判じ絵(岩崎均史)  *映画監督 深作欣二(深作欣二・山根貞男)

【お】
 *老いの心の十二章(竹中星郎)  *オスは生きているムダなのか(池田清彦)  *おつまみ横丁(瀬尾幸子)  *おもひでぎょうじ(百瀬義行)  *沖縄密約 『情報犯罪』と日米同盟(西山太吉)  *黄金旅風(飯嶋和一)  *『おたく』の精神史 一九八〇年代論(大塚英志)  *「面白半分」の作家たち(佐藤嘉尚)  *岡田桑三 映像の世紀(川崎賢子・原田健一)  *女ひとりがんと闘う(アンリ菅野)

« 「カ行」の作品 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/53711847

この記事へのトラックバック一覧です: 「ア行」の作品:

« 「カ行」の作品 | トップページ

ブック・ナビの本棚

Amazon

Google検索


  • Web検索 サイト内検索

書評子 なんちゃってプロフィル

  • (雄):山崎幸雄
    1947年、埼玉県川口市生まれ。「キューポラのある街」、東京近郊の工場地帯育ちという環境は今にいたるもさまざまな刻印を刻んでいる。煤けた町の風景と、満員の映画館の闇につつまれて子供心に感じた妖しい魅惑と興奮は、考え方感じ方の原点。長じて新聞社の出版部門に勤務し、四十年近く雑誌記者、単行本編集者として過ごす。2007年に退職し、現在はフリーランスの編集者兼ライター。遊びとして趣味のブログ「Days of Books, Films & Jazz」を書いている。退職後、ニューヨークに1年間滞在した別のブログ「不良老年のNY独り暮らし」もある。
  • (正):内池正名
    1947年東京都豊島区生。ボロボロの妊産婦手帳には出生時体重850匁とある。子ども達が町中に溢れ、自由な空気を栄養に成長した世代だ。学生時代は、映画、JAZZ、麻雀、読書・乱読、B級食べ歩き(蕎麦・餃子・カレー)等、今に至る趣味・嗜好はこの時代に身に付けたもの。IT業界に身を投じ、都銀第三次(大惨事)オンラインや2000年問題に振り回されながら40年以上この業界で禄を食み、いよいよ自由人=年金生活者とあいなった。しかし、「やり残し感」に茫然とする暇はなく、「やりたい感」の方がまだまだ強い。あと何年、そう考えるとひどく忙しい日々が続くのだ。
  • (修)
    1942年京都蹴上にて産湯。某新聞社を経て、リサーチ・アナリスト。8歳さくらクレパス賞にて全国第二位、一寸法師やあヽ無常など7~11歳までフル劇主役、13歳中学時代誌の小野十三郎詩特選、15歳コスモス誌に小説参画、19~21歳ナンバ一番、月光、ジャズベラなどでロカビリーバンドのトリ、其の間キャンパス滞在10年間、討究課題は人々の心換り事象、M.A.。入社後、多変量解析なるものに殉じ、多岐に亙る書き殴り文にて俗名も流す、爺、若者殺し、人の友は我が友。平日南関東公営競馬、土日JRAに没し、夜は麻雀断行、深更一斗いとわず、も、唯の遊興徒。
  • (健):野口健二
    1948年生まれ。某専門新聞社勤務、週刊新聞記者。1981年、某新聞社広告局企画制作部勤務、記事体広告の校正・校閲を担当。1996年、インターネットに触発され独立、ホームページ制作会社を運営。2003年、再びサラリーマンに復帰。某不動産会社のネット部門を担当、2008年3月定年退職。HP、ブログの「ブック・ナビ」主宰。座右の銘は母親譲りの「明日は明日の風が吹く」。飲み屋でのアダ名はニャゴ。
無料ブログはココログ