カテゴリー

  • 「ア行」の作品
    甘粕正彦 乱心の廣野/「沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史(佐野眞一)、1Q84(Book 1・2)(村上春樹)、ほか
  • 「カ行」の作品
    きことわ/苦役列車(朝吹真理子/西村賢太)、原発のウソ/隠される原子力 核の真実(小出裕章)、ほか
  • 「サ行」の作品
    さよなら渓谷(吉田修一)、司馬遼太郎が考えたこと1(司馬遼太郎)、ほか
  • 「タ行」の作品
    2days4girls(村上 龍)、「東北」再生(赤坂憲雄、小熊英二、山内明美)、ほか
  • 「ナ行」の作品
    夏目漱石を読む(吉本隆明)、日本人は何故シュートを打たないのか(湯浅健二)、ほか
  • 「ハ行」の作品
    俳句的生活(長谷川 櫂)、福島の原発事故をめぐって/日本の大転換/原発社会からの離脱(山本義隆ほか)、ほか
  • 「マ行」の作品
    〈民主〉と〈愛国〉(小熊英二)、民族という虚構(小坂井敏晶)、ほか
  • 「ヤ行」の作品
    焼き餃子と名画座(平松洋子)、四大帝王を直撃!偏愛ワイン録(葉山考太郎)、ほか
  • 「ラ行」の作品
    ランドマーク(吉田修一)、ローカル私鉄・なるほど雑学(二村高史・宮田幸治)、ほか
  • 「ワ行」の作品
    和解する脳(池谷裕二・鈴木仁志)、忘れられる過去(荒川洋治)、ほか

「カ行」の作品

【か】
 *考えの整頓(佐藤雅彦)  *画家たちの「戦争」(河田明久ほか)  *ガラスの巨塔(今井 彰)  *骸骨ビルの庭(上・下)(宮本 輝)  *環境世界と自己の系譜(大井 玄)  *カムイ伝講義(田中優子)  *内儀さんだけはしくじるな(古今亭八朝・岡本和明)  *科学哲学(サミール・オカーシャ)  *家族のゆくえ(吉本隆明)  *かわうその祭り(出久根達郎)  *角栄失脚 ― 歪められた真実(徳本栄一郎)  *影の外に出る(片岡義男)  *会社はこれからどうなるのか(岩井克人)  *カルト教団 太陽寺院事件(辻 由美)  *楽聖ベートーベンの丁半(井崎脩五郎)

【き】
 *きことわ/苦役列車(朝吹真理子/西村賢太)  *菊とポケモン(アン・アスリン)  *木村伊兵衛のパリ(木村伊兵衛)  *9条どうでしょう(内田 樹ほか)  *キメラ ― 満洲国の肖像(山室信一)  *旧石器時代の型式学(竹岡俊樹)  *霧のむこうに住みたい(須賀敦子)  *北朝鮮に消えた友と私の物語(萩原 遼)

【く】
 *グランド・フィナーレ(阿部和重)  *グロテスク(桐野夏生)  *クルディスタンを訪ねて(松浦範子)  *『偶然の一致』体験(超常現象追跡班)  *偶然の一致 99の事件簿(津田良一)

【け】
 *原発のウソ/隠される原子力 核の真実(小出裕章)  *芸能の秘蹟(平岡正明)  *原始の神社をもとめて(岡谷公二)  *月蝕書簡:寺山修司未発表歌集(寺山修司)  *検証 戦争責任 l・ll(読売新聞戦争責任検証委員会)  *原寸美術館(結城昌子)  *建築はほほえむ(松山 巌)  *競馬歴史新聞(競馬歴史新聞編纂委員会)  *経度への挑戦(デーヴァ・ソベル)

【こ】
 *甲骨文字小字典(落合淳思)  *国民的俳句百選(長谷川 櫂)  *国鉄風景の30年 ー 写真でくらべる昭和と今(二村高史)  *国家の崩壊(佐藤 優)  *孤独な鳥がうたうとき(トマス・H・クック)  *公安警察の手口(鈴木邦男)  *国鉄乗車券類大事典(近藤喜代太郎・池田和政)  *誤訳の構造(中原道喜)

ブック・ナビの本棚

Amazon

Google検索


  • Web検索 サイト内検索

書評子 なんちゃってプロフィル

  • (雄):山崎幸雄
    1947年、埼玉県川口市生まれ。「キューポラのある街」、東京近郊の工場地帯育ちという環境は今にいたるもさまざまな刻印を刻んでいる。煤けた町の風景と、満員の映画館の闇につつまれて子供心に感じた妖しい魅惑と興奮は、考え方感じ方の原点。長じて新聞社の出版部門に勤務し、四十年近く雑誌記者、単行本編集者として過ごす。2007年に退職し、現在はフリーランスの編集者兼ライター。遊びとして趣味のブログ「Days of Books, Films & Jazz」を書いている。退職後、ニューヨークに1年間滞在した別のブログ「不良老年のNY独り暮らし」もある。
  • (正):内池正名
    1947年東京都豊島区生。ボロボロの妊産婦手帳には出生時体重850匁とある。子ども達が町中に溢れ、自由な空気を栄養に成長した世代だ。学生時代は、映画、JAZZ、麻雀、読書・乱読、B級食べ歩き(蕎麦・餃子・カレー)等、今に至る趣味・嗜好はこの時代に身に付けたもの。IT業界に身を投じ、都銀第三次(大惨事)オンラインや2000年問題に振り回されながら40年以上この業界で禄を食み、いよいよ自由人=年金生活者とあいなった。しかし、「やり残し感」に茫然とする暇はなく、「やりたい感」の方がまだまだ強い。あと何年、そう考えるとひどく忙しい日々が続くのだ。
  • (修)
    1942年京都蹴上にて産湯。某新聞社を経て、リサーチ・アナリスト。8歳さくらクレパス賞にて全国第二位、一寸法師やあヽ無常など7~11歳までフル劇主役、13歳中学時代誌の小野十三郎詩特選、15歳コスモス誌に小説参画、19~21歳ナンバ一番、月光、ジャズベラなどでロカビリーバンドのトリ、其の間キャンパス滞在10年間、討究課題は人々の心換り事象、M.A.。入社後、多変量解析なるものに殉じ、多岐に亙る書き殴り文にて俗名も流す、爺、若者殺し、人の友は我が友。平日南関東公営競馬、土日JRAに没し、夜は麻雀断行、深更一斗いとわず、も、唯の遊興徒。
  • (健):野口健二
    1948年生まれ。某専門新聞社勤務、週刊新聞記者。1981年、某新聞社広告局企画制作部勤務、記事体広告の校正・校閲を担当。1996年、インターネットに触発され独立、ホームページ制作会社を運営。2003年、再びサラリーマンに復帰。某不動産会社のネット部門を担当、2008年3月定年退職。HP、ブログの「ブック・ナビ」主宰。座右の銘は母親譲りの「明日は明日の風が吹く」。飲み屋でのアダ名はニャゴ。
無料ブログはココログ