« 「予想屋」大泉実成、田中良成 | トップページ | 「ラーメン鑑定書」 米塚 功 »

2008年11月 4日 (火)

「ラスト・サンクチュアリ」 クレイグ・ホールデン

Last クレイグ・ホールデン著 近藤純夫訳
扶桑社(478p) 1998.02.20 
2,190円

ロードムービー転じて
特にアメリカ映画が得意とする領域にロードムービーがある。旅の目的はいくらかささいなものであるにはあるが、道の果てはどうなるか知れない。見知らぬ 町、広大な砂漠、人々との触れ合い、「バグダット・カフェ」にその典型をみることができる。またその原形は「シェーン」にも認められ、さらにとんでもない 事件に巻き込まれるという点で「ダイハード」にも通ずる。この小説の主人公は目的は明白だ。だが、ロードムービーには違いない。

オカルト軍団と出会う
ジョーはいつも兄の厄介の後始末に駆り出される。再々度、デトロイトを心細い持ち金とともに旅立ち、家出した兄テリーを連れ戻しに向かう。オンボロ車が 途中で故障、ヒッチハイクの相手の訳有りげの男女はとんでもない訳有り、突然の殺人事件の見受け人へと為らされるカルト集団の先鋭だった。一転、指名手配 を受けるハメとなる。

優れたミステリーはエンターテインメントを具有しているのはもちろんペーソスと人生のいくばしかを匂わせるが、この作品も登場人物の心のひだまでよく描かれており、上質で先へ先へと興味を繋いでくれる。

最後は大団円
人の住む極北の地、アラスカへと舞台は移る。戦う相手はカルト教団のアモン教だけではなくFBIもカナダ警察もだ。男のリックが殺人犯、奇妙にも女カリとの追跡劇は彼らのサンクチュアリへと向かう二人行だ。

そして彼女との束の間の孤独者同士の愛、次第にヒーロー化していく主人公、テンポが素晴らしく、情景描写も的確でまさにムービーを見ているようで快適な読み心地で一気に結末に至る。(修)

|

« 「予想屋」大泉実成、田中良成 | トップページ | 「ラーメン鑑定書」 米塚 功 »

 ら  行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「予想屋」大泉実成、田中良成 | トップページ | 「ラーメン鑑定書」 米塚 功 »