« 「楽聖ベートーベンの丁半」 井崎脩五郎 | トップページ | 「カルト教団 太陽寺院事件」 辻 由美著 »

2008年11月 3日 (月)

「経度への挑戦」 デーヴァ・ソベル

Keido デーヴァ・ソベル著/藤井留美訳
翔泳社(206p)1997.07.25 
1,400 円

英国で23週連続No.1ベストセラーと帯にあるように、ノベルさながらの時計職人の物語。事は1714年、英議会が経度法を制定し、併せて「経度を測定できたものに国王の身代金に相当する賞金をあたえる」に、始まる。当時、戦艦の座礁など海難事故が相次いでいた。

経度とは子午線との角度をいうが、この測定は困難を極めた。太陽、月、星を観測する天文学的方法が主流を占めていた内、クロノメーター、きわめて高精度の海 上時計に挑戦し続けたジョン・ハリソンが物語の主人公である。緯度は地球を輪切りにしたもの、赤道を零度とすればいい。しかし、経度は極を軸に自転してい るから不定で、人が決めねば定まらないのだ。

その経度の測定は、天文学的な絶対位置の把握以外に、時間、起点からの経過時間によっても行える。だが、24時間で一周するから、経度1度は4分に相当、1度の距離は赤道上で実に107キロ、秒単位の誤差しか許されない。

時は18世紀、振り子時計の時代だ。経度委員会、議会、国王、学会、それに登場人物の個性があいまって、ドタバタ風な展開が真面目につづられていく。お なじみの歴史的人物のあれこれも興味深く、ニュートン、ハレー、スウィフト、ガリレオ……、読み物としての秀れた科学史がここにある。(修)

|

« 「楽聖ベートーベンの丁半」 井崎脩五郎 | トップページ | 「カルト教団 太陽寺院事件」 辻 由美著 »

 け  」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/42999207

この記事へのトラックバック一覧です: 「経度への挑戦」 デーヴァ・ソベル:

« 「楽聖ベートーベンの丁半」 井崎脩五郎 | トップページ | 「カルト教団 太陽寺院事件」 辻 由美著 »