« 「哲学するネコ」 左近司祥子 | トップページ | 「定年後」岩波書店編集部 »

2008年11月 3日 (月)

「だから猫はやめられない」 吉本由美

Dakara 吉本由美著
KKベストセラーズ(174p)1998.04.05
495円

猫の飼い主歴40ン年、インテリア・スタイリストの著者初のネコエッセイで95.1刊行の文庫版。主たるター坊はご主人の男遍歴の生き証人、こそこそ飼い から、98年現在は猫可のマンション暮らしとのあとがきが足されているが、猫好きの男、猫嫌いの様々な時々の男のカゲと共に語られる。しつけ方や猫まんま の話など具体的に役立ち情報もいれられているので、目次をつまんでたどっても便利。 

例えば、「マンション猫の七つ道具」の[猫寸大の心]では猫にとっての一口大、猫の高さにまでかがんでの触れ合い、駆け上るための木など初歩的な点だが大 事な指摘で、トイレの作り方や躾方、犬と違って家に着く猫の引っ越しの仕方……にも何匹かの経験者ならではのもの。私事ながら、筆者の庭に現れる裏ん家の クロは辺りが危険なのでいつも紐付きで紐を外すと怒るという。それが庭に出られる保証だからだ。同種の話が語られるが、今日、マンション猫の方が幸せか も。(修)

|

« 「哲学するネコ」 左近司祥子 | トップページ | 「定年後」岩波書店編集部 »

 た  行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「哲学するネコ」 左近司祥子 | トップページ | 「定年後」岩波書店編集部 »