« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月20日 (水)

「雪の階(きざはし)」奥泉 光

Yukino_okuizumi

奥泉 光 著
中央公論新社(592p)2018.02.10
2,592円

昭和初期、皇室に貞明皇太后(昭和天皇の母)の信任厚い島津ハルという女官長がいた。そのころ天皇機関説を攻撃する「国体明徴運動」が沸騰していたが、霊感をもった島津を中心に「国体明徴維神の道」を求める密かな集まりがあった。島津が崇拝するのは『古事記』冒頭に出てくる天地開闢の神アメノミナカヌシ。島津は、裕仁天皇(昭和天皇)がやがて崩御し、幼い明仁皇太子が天皇となってアメノミナカヌシの霊と一体となり神人が合体すると告げた(原武史『皇后考』)。

こうした動きの背後には、昭和天皇を嫌い秩父宮を溺愛した貞明皇太后の存在があり、昭和天皇を廃し秩父宮を擁立しようとする重臣グループ、青年将校グループが存在したこととも無関係ではなかったろう。

続きを読む "「雪の階(きざはし)」奥泉 光"

| | コメント (0)

「不便ですてきな江戸の町」永井義男

Huben_nagai

永井義男 著
柏書房(260p)2018.04.26
1,728円

著者紹介には、作家・江戸風俗研究家とある。1997年に「算学奇人伝」で開高健賞の受賞を始め、小説や江戸風俗に関する著作が多く紹介されているものの、永井の著作は初めての読書となった。

本書は現代人がタイムスリップして過去の時代に生きてみるという小説。著者が「仮想実験」と言っているように、かなり挑戦的な試みである。例えば、「東海道中膝栗毛」の場合、十返舎一九という江戸に生きた人間が書いているので、現代人の我々が気になるところであっても彼にとって普通の事象であれば文章として表現されることは無い。一方、現代人が過去の時代で生きるという意味は、歴史的知識を持っているだけでは対応が難しく、過去で生きるための知恵が必要なのだ。だからこそ、現代人の視点で過去を体験するという狙いはスリリングで面白い。

続きを読む "「不便ですてきな江戸の町」永井義男"

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »