« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月18日 (土)

「鶴見俊輔伝」黒川 創

黒川 創 著
新潮社(568p)2018.11.30
3,190円

最初に買った鶴見俊輔の本は『限界芸術論』だった。1973年のことで、当時僕は週刊誌記者として芸能担当をしていた。この本は漫才や流行歌、雑誌や広告など後にサブカルチャーと言われるものを論じて、自分の興味とも仕事とも重なるところがありそうなので買い求めたと記憶している。

もちろん鶴見俊輔の名前はそれ以前から知っていた。雑誌『思想の科学』の中心メンバーとして、そして活発な市民運動を繰り広げていたべ平連(ベトナムに平和を! 市民連合)の創設メンバーとして。でもそれ以上に鶴見俊輔の名前を強烈に意識したのは、吉本隆明対談集『どこに思想の根拠をおくか』に収められた、書名と同タイトルの対談だった。ここでは60年安保反対運動に際しての二人の思想と行動をめぐって、互いに共鳴しながらも立場の違う両者ががしがし噛みあう、いま読んでもスリリングなものだった。学生時代に読んで傍線を引いた部分を引用してみよう。

「吉本 いや、ぼくはそうは思わないですね。あいまいさは残らないのだということが一つの原理としてくみ込まれていなければ、それは思想じゃない。……僕は思想というものは、極端にいえば原理的にあいまいな部分が残らないように世界を包括していれば、潜在的には世界の現実的基盤をちゃんと獲得しているのだというふうに思うんですよ。……

 鶴見 私は思想として原理的に定立するのは、あくまでも思想のわくぐみの次元のこととして考えるんです。それを現実とからめて考えるときには、かならず適用の形態で、こういうふうにも適用できる、別のふうにも適用できると、あいまいさが思想の条件として出てくる根拠があって、……思想が状況とかかわる場合には、どうしてもあいまいさは排除できないと考えるのです。

 吉本 そこが私とちがうところだ。

 鶴見 そうですね。いつもそれを感じています」

これを読んだときは20歳前後だったから吉本隆明の原理的で直線的な言葉に惹かれたけれど、一方で鶴見俊輔の言う「あいまいさ」も心に残った。その後、鶴見の著作を読むようになって、これもありうる、あれもありうるという「あいまいさ」が彼の幅広い関心やさまざまな活動の底に常にあり、それが論ずる対象や他者に対する寛容な眼差しを支えていたことに気づいた。

『鶴見俊輔伝』は、子供のころから鶴見の周辺にいて晩年まで近くで接した著者による伝記。『思想の科学』編集委員を務め、鶴見との共著もあり、私生活も知りつくした著者でなければ書けないものになっている。それを全体として評価する力は当方にないので、へえ、そうなんだ、と思えた個所を拾ってみる。

鶴見「俊輔」という名は、初代総理大臣・伊藤博文が若年に名乗った「伊藤俊輔」から来ている。鶴見は祖父が台湾総督府長官、満鉄総裁などを務めた後藤新平、父が作家で政治家の鶴見祐輔という名門に生まれた。後に鶴見は父を「一番病の優等生」だったと批判しているが、父は総理大臣になる野心を持って息子に「俊輔」と名づけた。母は夫・祐輔のそんな野心を空しく感ずる人で、息子・俊輔に「厳しいしつけと過剰な愛情」で臨んだ。俊輔はそんな両親の期待を裏切るように中学時代に不良になり、年上の女給と関係を持ったり、自殺未遂を起こして学校を退学した。

3枚の写真が収められている。一枚は小学校時代だろうか、有名家庭のお坊ちゃんとして雑誌に登場したもの。洋館のある庭で、半ズボンにネクタイ姿でサッカーボールを持ち、いかにも戦前の上流階級の雰囲気を感じさせる。あとの二枚は十代で両親や家族と一緒に写っている。こちらになると俊輔は身体も首も斜めに構え、横目でカメラを睨む。不敵な面構えの不良少年。だが父と母への複雑な思いから「自罰的な意識」が鬱を引き起こし、それは後々まで尾を引いた。60年安保後に鬱を発症したときは、「鶴見俊輔」という名前を書けなくなったという。「鶴見」も「俊輔」も、彼にとってそれほどまでに過重なストレスを感じさせるものだったのだろう。

第二次大戦中、鶴見は海軍軍属となり通訳としてジャカルタで働いていた。このとき彼は、黒川が「この自問は、戦後を生きていく上で、終わらずに続くものとなった」と書く出来事に遭遇している。あるとき、インド人捕虜がジャカルタに連れてこられた。捕虜を持て余した軍は鶴見の隣室の軍属に殺害を命じる。殺害後、その軍属は「毒薬を飲ませたが、死なない」「ピストルを続けざまに撃つと、土のなかのうめき声が途絶えた」と鶴見に話す。鶴見はその記憶を忘れることができない。「捕虜殺害の命令は、偶然にも、自分の同僚に下った。だが、その命令が自分に下っていたらどうしたか? 自殺しただろう、と考えることはできる。だが、……逃れられずに、やはり自分も捕虜を殺したかもしれない。だとすると、戦場で一度は人を殺した者として、自分は、その後をどうやって生きることになっただろうか?」。内心でそんな疑問にさいなまれながら、この時期に鶴見は日本軍やドイツ軍の士官用慰安所をつくる仕事にも従事している。

こうした体験から鶴見は、「なぜ悪が存在しているのかという問いは、なぜ不完全なものが存在しているのかという問いと同じである」というタゴールに触発されて「悪の問題」を考えはじめる。自分を含めた人間の「悪」「不完全さ」「どうしようもなさ」。そういう人間への認識が、鶴見が書くもの、しゃべる言葉の背後にはいつもあるように思う。先の「あいまいさ」もそれにつながるだろう。「自分の体験について繰り返し考え、その体験についての態度を決めるというなかで、体験の記憶の仕方、これの保持の仕方が、そのまま理論になっているような思想の方法があると思うようになった」(鶴見)。そうした認識の延長線上に戦後の「転向」共同研究や、べ平連の結成、ベトナム戦争での米国脱走兵の援助、さらには日本軍の従軍慰安婦に謝罪し償い金を渡す「アジア女性基金」の呼びかけ人を引き受けたことなどがあるのだろう。

「アジア女性基金」を巡っては、こんな発言もしている。それがまた、いかにも鶴見らしい。「慰安所は、日本国家による日本をふくめたアジアの女性に対する凌辱の場でした」と語った後、彼はこう続けている。「私は不良少年だったから、戦中に軍の慰安所に行って女性と寝ることは一切しなかった。……だけど、十八歳ぐらいのものすごいまじめな人間が、戦地から日本に帰れないことがわかり、現地で四十歳の慰安婦を抱いて、わずか一時間でも慰めてもらう、そのことにすごく感謝している。……この一時間のもっている意味は大きい。私はそれを愛だと思う」。この発言(1997年)は当時も物議をかもした。どう見ても「政治的に正しい」言葉とは思えない。でもそれをあえて言ってしまうのが、戦中の体験を考えぬくことから戦後の自分の方法を見いだした鶴見の、いかにも鶴見らしいところだ。黒川は、こう評している。

「自分と同世代の死地に赴いた少年兵士たち、彼らに代わって、世話になった慰安婦の女性たちに、いま、お礼を述べておく──。これは、まちがった振るまいであるのかもしれない。だが、それを承知で、このとき鶴見が言い残しておきたかったものは、そういった気持ちだったのではないかと、私は感じている」

鶴見はたくさんの著作を残したが、ある時期から「伝記」に力を注ぐようになった。「黒岩涙香」『高野長英』『太夫才蔵伝』『柳宗悦』『夢野久作』などがそれに当たるだろう。僕は「黒岩涙香」しか読んでないのだが、個人の事績を時系列でたどる堅実な伝記というより、人間を「地理と社会史のなかに一個の現象として」(『戦時期日本の精神史』)捉え、人物と時代との関わり、それが孕む問題を自由に考えるといった方法を取っているように思える。『鶴見俊輔伝』で黒川創は、鶴見のこの方法を踏襲している。それが黒川の鶴見俊輔へのなによりのオマージュになっている。(山崎幸雄)

| | コメント (0)

「お殿様の人事異動」安藤優一郎

安藤優一郎 著
日本経済新聞出版部(240p)2020
.02.11
935円

戦国の時代から豊臣秀吉の天下統一、徳川幕府への権力移行の中で国替と呼ばれる大名の異動(転勤)が数多く行われて来た。それは、戦いの結果としての「論功行賞」が基本的原理だが、徳川幕府も安定期になると、そうした戦いの論理だけではない国替も起こって来た。本書は国替や幕藩体制における昇進などを具体的に検証しながら、国替というその膨大なプロジェクトの実態も明らかにしながら、もはや士族というよりも役人となっていった大名や旗本たちが己の昇進に邁進する日々の活動についても描いている。振り返って見ると、NHKの大河ドラマの多くは戦国から江戸期をテーマとしていることから見ても、この時代が多くのエピソードを生みつつ、近代の歴史観の土台になっていたからこそ、現代においても心惹かれる時代という事だろう。

本書では、色々な観点から国替、昇進といったまさにタイトルにある「お殿様の人事異動」が描かれている。

冒頭は会津藩を中心とした国替の歴史とその実態を代表的なケースとして取り上げている。秀吉の小田原攻め(1590)による北条氏の滅亡とともに、北条氏と同盟関係にあった伊達政宗の減封処分として会津が没収された。その後には、近江日野出身の蒲生氏郷が42万石の大名として転封した。豊臣秀吉によるこの国替えの意図は、北の伊達を牽制するとともに、関東に入封した徳川家康に対しての牽制も狙ったものと言われている。蒲生氏郷はその後、信夫(福島)なども所領として増加して92万石の大名となっていく。

蒲生家としては順調な時代であるのだが、その氏郷も1594年に病死した。嫡男の秀行が後を継いだものの、若年で伊達の抑えにならないと判断され、1598年に上杉景勝が越後から会津に転封し、秀行は12万石に大減封されたうえ宇都宮に入る。しかし、戦国時代という乱世の象徴のように、関ケ原の戦いの結果1600年には上杉は会津から米沢に転封、再び蒲生秀行が会津に戻ると言う目まぐるしさである。

このように、関ケ原の戦いから、徳川幕府開府による国替が全国規模で行われたが、改易によりすべての領地を没収された大名は88家、416万石あり、減封された大名は5家、没収石高208万石と言われている。混乱しなければおかしいといえる大変革であったと思わざるを得ない時代である。

次に、国替や役職昇進に関する原則が説明されている。国替の第一の目的は当初は関ケ原の戦いを始めとする戦いの論功行賞としての国替えであったが、そうした時代のあとは幕府が権力を守るため関東・東海・上方に徳川一族(親藩、譜代)を配置することとなった。第二の目的は懲罰による、改易(取り潰し)や減封のために行われる国替である。幕府の許可なく城の普請工事を行うという武家諸法度違反で減封された例や城主の行状を処分するための転封もあったようで、この点になると幕府によって公平な運用がされていたのかどうかは疑問の余地はありそうである。第三点は四代家綱の時代になると幕府の安定の為に改易や転封を実施することは少なくなり、各大名が幕府の要職に就くことで転封するケースが多くなったと指摘している。その幕府の構造は、老中(4~5名)が3万石以上の譜代から、若年寄(4~5名)が3万石以下の譜代から構成されている。加えて京都所司代(1名)、大坂城代(1名)、寺社奉行(4-5名)、奏者番(20~30名)などで構成されている。まさに狭き門であり、140家といわれる譜代大名としても老中、若年寄に名を連ねるためには将軍、御三家のみならず大奥まで巻き込んだ栄達の根回しが行われたと言う。

具体的な国替のプロセスを三国間の国替のケース(三方領地替)を取り上げて説明している。その詳細を読むにつけても、転封を命じられてから五か月に及ぶ段取りは幕府の権力誇示ともいえる手順であり、藩主や領民にとって難儀な事柄であったことが良く判る。同じ石高の藩と言っても実態としては年貢徴収率が異なっており新旧藩主間のトラブルの元だったというし、藩が御用商人から借りていた御用金の返済トラブルや領民からみて未納年貢米の取り扱いに関する不満から百姓一揆が発生するなどいろいろな問題が取り上げられている。藩士にとっても、住んでいた屋敷は藩から下賜されたもので、いわば社宅。従って、国替えとともに家居、建具、雨戸、畳、竃、井戸、土蔵、物置、梯子、庭木、庭石に至るまで次の藩の藩士に引き継いでいく必要が有る。加えて、新領地への距離によって引っ越しのコストは膨大なものになっていた。藩士の転居費用は藩が負担したものの、家族の引っ越し費用は各自負担というのも家臣からすると大変な費用であったと思われる。

こうした国替の究極の形は、大政奉還によって徳川家に発生する。これは将軍家800万石から一気に駿河府中の一大名70万石に減封された。この結果、徳川家家臣は旗本・御家人で3万人を超えていたが、家臣を抱える限界から5,000人は徳川を離れて新政府に仕え、4,500名は農業・商業に転じ、20,000人は徳川の家臣に残ることを希望した。しかし、徳川に残った人達も4年後の廃藩置県で士族としての職を失っていくことになる。

本書が示している多くの視点の中で、個人的には会津藩に関する国替の歴史的経緯、国替えによる家臣の負担、減封による家臣団の人員圧縮などについて興味深く読んだ。というのも、蒲生氏郷の家臣として近江日野から「内池」が会津に入ったという家譜が残っていることから、どのような経緯で現在の福島に根付いたのかを確認したいという思いもある。本書に有る様に蒲生家は1598年には信夫郡(現福島市)も所領に加えて92万石になった後、12万石に大減封されて宇都宮に移った。再度会津にもどった1621年ごろまでは蒲生家に従い、以降は家臣団を離れて故郷の近江日野に戻って商人として生活を始めた。その後、1750年頃に土地感のあった信夫郡(現福島市)に入り商売を始め、本拠地として現在に至る。何故、蒲生家の家臣団を離れたのか、具体的に何年かは不明だが、伊予松山まで蒲生家とともに士族として命運を共にしたのかもしれなかったと思うと、歴史の偶然に翻弄された先祖達が苦労したであろうと思いを馳せるばかりである。そうした歴史を多少なりとも辿れるというのは幸せなことだ。

まだ私が現役時代、お客様であった滋賀県に本社のある近江兄弟社にご挨拶に伺い名刺を交換した時、先方が名前を見て、「近江のご出身ですか?」と問われたことがあり大変驚いたことが有る。社会人として名刺を出して近江の出身と言われたことは初めてだった。私の知る限り現在の近江日野には内池姓の方は居られない。ただ近江鉄道日野駅の近くに「内池」という交差点があり、今となっては出身地のしるしとして残っている唯一のものかもしれない。そんなことを思い出される、楽しい読書だった。(内池正名)

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »